ちびっこ広告手帳

e0001663_19484334.jpg両国でお仕事頂いてる関係で最近よく通る江戸東京博物館前。建物は口汚く罵ってるくせに帰り道にちょいと立ち寄ってしまう。ミュージアムショップの本屋が目当て。以前買った「未来図巻」がなんともノスタルジックで面白かったので、類似な本を・・・と、「ちびっこ広告手帳」なる文庫サイズのグラビア本を購入。雑誌に掲載された菓子、玩具、文具その他を集めてデジタルキュレート(?)した力作。

広告というもの自体が、商品寿命と共に消えさる儚いもので、しかも雑誌など読み終わればくくられて古紙回収に回されてしまう存在。誰も蔵書として大事に保管してくれてはいない。集めるのたいへんだったろな。東京オリンピックからアポロまで、とは私の小学5年から中学3年生、まるまる少年時代だ。

オバQ、おそ松、狼少年、ソランにジェッター、丸出だめ夫、マグマ大使に怪獣ブースカ、とはナツカシ心を直撃してる。アトムやウルトラマンのメジャーを避けてる気配すらあり。ツイッギー、テンプターズ、ナポレオンソロまでが挙ってグラビア広告を彩ってる。GIジョーは今も現役。手回し発電機でリモコン操作をするおもちゃをゼネコン、なんて呼んでたのだねぇ。

おもちゃではないが、隅々まで目を通さざるを得なかったのがこれ。
e0001663_19571177.jpg
昭和41年の週刊マーガレット。4枚200円のレコードの通信販売。最新ヒット曲に、「ロックンロールミュージック」「ノーリプライ」「アイフィールファイン」「抱きしめたい」「シーラブズユー」とビートルズがずらり・・・小学校6年だった私はまだビートルズ知らなかったので懐かしいわけではないが、感慨深い。

若き加山雄三は小島よしおみたいな顔だったのだね。
by cegero116 | 2013-06-18 21:17 | Remember | Comments(0)