三年めの3.11

e0001663_20223647.jpgあの日からまる三年。B社会議室で14時46分、居合わせた全員が1分間の黙祷を捧げる。もう三年、まだ三年。昨日のような大昔のような。

合言葉のように復興が叫ばれている。20万人もの方がまだ仮設住宅に暮らしているのに何が復興だ!とお上をなじる声、「東北を元気づける」ためにオリンピックを誘致、建設業には求時雨な震災だったねと、洒落にならない皮肉の声。3/10~12の3日間だけ、「あの日を忘れない・・・絆」な番組を流すTV局、視聴率取れるのね・・・とか、どんな外野の意見も、被災者のじっと耐えている姿を上回るものはない。時の政府を責めてどうする、全て時と共にゆっくりと復していくしかないのだなと思う・・・たったひとつを除いては。

世界で最も厳しい基準に則って安全が確認できた原発は再稼働するべきである。

この一言で、彼が人間と言う存在をどう見ているかがわかる。彼も彼も彼も、だ。
by cegero116 | 2014-03-11 20:47 | Remember | Comments(0)