2013年 11月 11日 ( 1 )

e0001663_1725596.jpg新国立競技場新築計画、ザッハ・ハディド女史のコンペ当選案に対して、日本の建築家の錚々たる面々が見直しを求めて要望書を提出したとの記事。パース以外ろくに図面も見てなくて、ゼニカネの問題だけだったらいいんじゃないの?なんて気楽なこと書いてたな、と読み返す。この時点では東京には決まっておらず、個人的にイスタンブール応援してたっけ。

今回は、震災復興もままならんのにこんな無駄遣いを、とかの政府がやるこた何でも反対、反対のための反対ではなく、東京の都市景観、今後の日本の行く末などをきちんと検証した上でのきちんとした反論でしょう。槇先生が音頭取ってるから間違いない。変な他意などあり得ない。発起人、賛同者の錚々たる名簿からは他意もちらほら^^。

ま、この角度でこの建物見るのはヘリコプターくらい。下に入ると圧迫感あるぞー、と仰ってるのだね。それにこれを一杯にするイベントはもうないんでないの?ってことと。無駄遣いこそアートの源泉、芸術は中国に学べ、ってのも解らんではない。現在の国立競技場と同じく50年くらいで壊すのかな・・・まったく平成の極楽オヤジはこんなものこさえやがって!と、後世の子孫達が反面教師・他山のコンクリートとしてして、これを克服すべく頑張る、ってのもありか。たかだか建築だし。

大雑把・ハディド、なんて書いたら怒られるだろうなぁ。

紳士録