2016年 03月 30日 ( 1 )

若いアーティスト、アーキテクトとお話ししていて最近よく出てくる言葉「コンテンポラリー」。全然最近じゃなく、一般的な用語なんだろうけど、ちと遠い世界に暮らす故、瞬時にピンとこない。「混店舗ラリー」だと、買い物競争の情景が浮かぶが・・・。

なんてアホなオヤジギャグかましてもアーティストには冷笑されるだけだな。要は現代的、汎時代的てな意味だそうで、調べるとダンスやファッションばかり出てくる。モダンとコンテンポラリー、どこが違うの?てな記事もあった。モダン、は伝統様式を踏襲せずにデザインされた、ある特定の時期のものを指すのだとか。即ち「いまどきモダンは古いよー」なんて自家撞着のようで、ありなんだな。今流行ってるものに抜け目なく飛び付くのがコンテンポラリー・・・みぃはぁ、とはちゃうの?

語感は何となく可愛い。で、どうしてもこんなお方の姿が浮かんでしまう。若い方は知らなかろう・・・と、私より3つ4つ下でも知らないかなぁ。「七つの顔のおじさんのほんとの顔はどれでしょう?」の七色仮面。月光仮面は当時からこんてんぽらりだったが、この方はでんでんころり…なんのこっちゃ。

しかしパイナップル頭にサングラス、二丁拳銃不法所持、で今の子が見たらどう見ても正義の味方じゃない、むしろ変質者?
e0001663_17353876.jpg