2018年 02月 09日 ( 1 )

e0001663_10004284.jpg
繰り返す金が~なぜに出せないの~信じ難いもの~

十四や十五、ではない、六、七歳のお話。銀座の名門泰明小学校の標準服にジョルジョ・アルマーニブランドが採用されたそうな。上下だけで4万円超、セーターやらなんやら揃えたら8万円、洗い替えまで用意すると20万円なんだって。「標準服であって制服ではありません、必ず着なければならないと言うわけでは…」と弁解しておられるようだが、買えない家庭のひとりぽっちのことは考えたことないのかな?

採用の理由は解らないでもない。銀座という街にマッチした服装をさせることで街に対する愛情が芽生える…上から目線を隠すこともない素直な校長先生。「買えないなら足立区でも埼玉でも引っ越せよな、チッ」を飲み込んだのも偉い。格差社会から階級社会へ、の国策にもよく合致しておる。20万で一式揃えても、小学生は毎年にょきにょき大きくなるもんなー、美味しいところに目をつけたもんだドン・ジョルジョ・アルマーニ一家。

しかし、親しくさせていただいてる銀座育ちの泰明っ子さんたち、居酒屋のYさん一家、床屋のSさん一家…ブランド服着てるの見たことないな。