2018年 07月 03日 ( 1 )

e0001663_10245391.jpg
ワールドカップロシア大会、決勝トーナメント1回戦の対ベルギー戦。世界三位にして予選全勝、ここ二年負けなし…堂々の優勝候補ベルギーの恐ろしさばかりが喧伝され、どれだけぼろ負けするか、どうやったらドローでPK戦に持ち込むことができるか…な下馬評。とは言え、4年に一度、やっとの思いでたどり着いた決勝トーナメント、見逃すわけには参らぬと、午前3時に目覚ましをかけフル観戦する。

いやーーー、惜しかった。後半開始直後から、原口、乾の文句なしのクリーンゴール。これは勝てるんじゃないか?このあと11人でペナルティエリア守ったら?…なんて、試合前から、それで勝てる相手じゃない…と監督も言ってた通り、ギアを入れ直したベルギーに徐々に押され、同点に持ち込まれる。

満を持しての本田圭佑投入、さすがさすがのFKをセーブされ、直後のCKをキャッチしたGKから電光石火のカウンターを食らい、アディショナルタイム残り一分で痛恨の決勝ゴールを決められる。なにか、本田と川島をくさしておけば満足なようなにわかサッカーファンからは、本田のCKが悪いとか、1対1でシュート止められない川島が悪いとか言う奴もいそうだが、実に、とても、普通によくここまで頑張った、と思うな。

ジャンプしたら3mくらい行くんじゃない?のFWのルカク選手のシュートもほとんどブロックしていたし、もし延長に持ち込んでいてもなかなか勝ち味薄かったかな。…なんて、淡々といい子な感想を書いているのは悔しいから…あとちょっとだったんだよぉ。もう一試合、ブラジルとの戦いを観たかったよぉ。

仕方ない。かくなる上はベルギー優勝を祈ることにしよう。お疲れ様西野Japan。