2018年 07月 04日 ( 1 )

e0001663_16492067.jpg
笑点の司会者桂歌丸…としてが一番馴染みがあるのかな。その死をいじる芸がついに洒落にならなくなった…と嘆く写真の三遊亭圓楽…楽太郎、だな…が、最も歌丸を敬愛していたことは広く知られている。本人は原黒キャラが台無しになると肯定したくなかったようだが、本当に亡くなってしまうと、実の親、育ての親ー先代の圓楽、と併せて三人目の親を亡くしたと語っている。81歳…早いね。

初代の立川談志から、三波伸介、三遊亭圓楽と、桂歌丸…歴代の司会者は全て鬼籍に入ったということか。最初の記憶は、三遊亭小円遊…その頃は金遊と名乗ってたかな…と掛け合いで不仲を演じ笑いを取っていた。小円遊さん、早逝されたっけ…何年前だ?落語芸術協会の会長、だが、古典落語に通じ、怪談噺も得意にされてたとか。

懐かしいね、とネットをうろうろしてたらこんなの見つけました。いつごろのものかは知らないけど、わかる方はわかるのだな…と。結局そこ(^^;


こんなの