カテゴリ:本の虫( 436 )

e0001663_22263811.jpg昨今、読書から長く遠ざかっている。老眼で小さい文字が読めなくなっているのと、根気が続かなくなったため。いずれ復活するつもりだが…はて。で、読書とはとても言えないかもしれないこんな漫画、弘兼さんの「黄昏流星群」。中高年の老いらくの恋、シリーズ。島耕作もそうだが、男にとってとても都合のよい展開を、悲哀と自虐を込めて描くことでその年代限定に発信しておられる。おっさんの願望、よくご存知で。

連載、まだ続いてるのかな?単行本になってからも20年くらい経つのでは?これが著作権切れの関係なのか、400円くらいの値段でコンビニによく置いてある。ほぼ週刊誌並みの値段。15分くらいで読んでそのまま駅のゴミ箱に捨てても惜しくない感じ。

また、最近のコミックが全然わからず、本屋に行って端から端まで本棚回遊しても、一つも知らなかったりする。で、黄昏と島耕作?ゴルゴ13もよく読み捨ててる。それぞれ、2回も3回も読んだ作品。思い入れがあるわけではなく、読んだことを忘れているから毎回新鮮なのだ。様々なところでの老化現象、放置しておいてよいのだろうか?



e0001663_17053503.jpg石田衣良さんの文庫。新幹線の友…って、片道で読んでしまう…本日京都弾丸往復トンボ返り片道の友。

相変わらずお上手。これは児童ポルノ?…てなツカミ。ろくでもない読者の捕え方を熟知しておられる。また、不器用で誠実な主人公…ろくでもないくせに自分をそう思ってる輩の共感を得るのも達人の技。清楚にして美貌の淫乱なヒロイン。ろくでなしの頭の中をよくご存知。How to sellに徹しておられます。

しかし、根っ子のところでそんな読者を蔑視してるように思える。多作につきエンディングの工夫は既視感あり。テキトーに幕を引いてしまうのもこの方のテイスト。結局、誰かが痛むことなしにはエンタメは成立しないのだよ、買って読んでしまった君の負け…多分、書いた尻から忘れてるのだろうな。読んだ尻から忘れてますが。

そう言いつつ私、ファンの一角を占めているろくでなしです。

移動の多い生活、なんとなく肩の凝らない小説で新幹線の気分転換…と、薄めの文庫を持ち歩いてる。ちょっと溜まったので三冊まとめて感想。

e0001663_12593963.jpg「サラバ」とやらでブレイク中の西加奈子さん…サラバ、長くて疲れそうなので一番薄い小品「窓の魚」。

4人連れの温泉旅行の一夜で起こった事件を、4人なりの視点から4回描いてる。誰かが死んだのは確かだが、事件は話の核心ではなく謎解きも特に求めていない。4人が4人、それぞれなりの心の闇を抱えており、一度発せられた言葉がどんな思いで発せられたのか、どんな思いで聞いたのか…ややくどいくらい繰り返され、読み手も反芻することになる。この前読んだ「出版禁止」でも思ったのだが、最近の小説テクニックはとても進化しておる。


e0001663_12594027.jpg次はミステリー仕立て(?)の短編集、この方もよく知らない方。警察ものだったり国際ビジネスものだったり家族の因縁物語だったり、ブラックユーモアだったり人間交差点だったり…バラエティに富んでいる。

帯にもある通り、かなりの技巧派とお見受けするが、結末の付け方から少し複雑な性格の作家ですな。中では追いつめられた挙句の連続犯行に及んだビジネスマンが陥る最悪の結末…「万灯」が目新しい展開で面白うござった。


e0001663_12594138.jpgこれが一番最近に読んだもの。現役AV女優さんの作品で、今映画化されてるらしい。と、業界の内幕を描いたキワモノ、かと思いきや、官能描写は控えめ(←がっかりしてないよ!)で、なんとも叙情的かつ無駄のない文体。登場人物の描き分けもわかりやすく、脇役も引き立っている。

どんな映画に仕上がってるのか、ちと見てみたい気にさせられました。

本の選び方、偏ってますかなぁ。

e0001663_17222903.jpg
乾くるみさんの新作…?そんな新作でもないか。文庫の装丁までかのイニシエーションラブにかぶらせ、次作以降ぱっとしなかった風を今一匹のドジョウを、てな一作。最後の二行でどんでん返し、も上手く決まってます。

ネタバレ
e0001663_13363802.jpg
木曜日、午前中の六本木での定例会議を終え大阪へ。二週間前までなら、この日に必ず手にしていた週刊新潮と文春、dマガジンなるアプリで済ませる。北海道旅行の折り、同窓に教わって早速使い始めたのだ。月々400円で一般誌も男性誌も女性誌もスポーツ誌も旅行誌も…何十冊もの雑誌が読み放題、これで週刊誌さん、どうやってこれから生計を立てていくのかな?

同窓と違いタブレットを利用してないのでスマホの画面…ちょっと小さいが十分読める。紙に比べて電子書籍は心に残らぬ…云々と言われてるが、こと雑誌に限っては元々心に残そうとも思ってないし、一ページ目からゆるゆるとスマホのページをめくって読んでる。紙の時は気に入った記事から読み始めて、全然目を通さない記事が半分くらいあったことも発見。

思えばサンデー・マガジン読んでた10代の頃から数えて40数年、一番多いときには週10冊から買ってた雑誌人生。これにて完全に終止符を打ったのだなぁ。ただ、中には電子化に逆らってる方もいるようで、週刊新潮を裏表紙めくったところから読ませるサイバラ画伯の作品がdマガジンにはない…なんで?…サイバラさんのケチ!その為だけに一冊は買わないからね(^^;
e0001663_12552228.jpg帯のコピーで「裏切られた!」とか「騙された」とかに釣られる傾向あり。結末のどんでん返しが好きなのね…これもその類い。

ちょっと今まで見たことのない手法。取材した実話をドキュメントとして発表してる体裁。自殺を装った殺人事件の謎を解く犯人探しのミステリーかと思わせるが、話が進行するにつれその可能性が次々否定されて行く。これを一発打破するトリックがあるに違いない、が、つまらないトリックに違いない…と思って読み進むひねくれた読者。


【ネタバレ】
で、確かに結末は裏切られる。展開は予想もせぬ方向に振れて、語り手と犯人がねじれ、本筋とは違う次元の事件が語られることに…ここからはホントにネタバレになるので自粛。トリックを用いない技、テクニシャンなんだと思うけど、主人公の感情移入に説得力がないのと、スプラッタじみた結末はあまり好きになれませんでしたなぁ。
e0001663_15471682.jpg
新幹線のお供の文庫本。探偵小説と言うか何と言うか…早坂吝(←やぶさか、と読むらしい)作「虹の歯ブラシ」。史上最もエロい援交探偵上木らいち、なる女子高生が主人公。シリーズ化してるみたい。何でもいいから肩の凝らない思いっきりお気楽なものを、と手に取る。

【ネタバレ注意!】
月曜から金曜まで、毎日違う客のために5色の歯ブラシが並ぶらいちの部屋。それぞれの色に基づいた連作、ミステリー仕立て。1本目、2本目と、味気ない官能シーンとつまらんトリック…をらいち探偵が捌いてゆく。ま、こんなもんだろうとは思ってたけど、と手が止まる。

3本目の「青」から様子が変わり、意外な被害者、つうか意外な犯人、つうか…トンデモ話に舵が切られる。所々に太ゴシックで強調されるフレーズがあり、終章でこれを反芻しながら全体構成の謎解き、どうじゃエラリー・クイーン!となるのだが、これがすこぶる理屈っぽい、てかマスターベーション。テクニックは稚いが、新しいことは新しいね。

【ネタバレしてるから引き返しオススメ!】
終章は、そこまで書いてきた自分の伏線を自分で辿って、主人公らいちの正体を推理してゆく。どれだけ上手くミスリードしたか、と自慢?上木らいちは、「男である?」「老婆である?」「未知の生物である?」…こう読めるであろう…否、ここでこう否定しているからその推理は誤りである…気持ちいいのね(^^;

チャレンジ精神は認めます。フランス書院など研究して、も少しエロ書きが上手くなるともっといいな。なんか、このテイスト見たことあるなぁ…と、森見さんとか万城目さん?んー、みな同窓ではないか。私も思い当たる節が…。
e0001663_20523496.jpg
しばらくリュックに入ったままだった文庫本、積ん読…ではなく背負っ読?を手にとって読んで見る。いやまて、なぜリュックに入ってる?デスクで見かけたはず…2冊ある…読んでしまったのをまた買ったのだろうか?と、読み始めてみると初読。どうなってるのだろう私の記憶中枢?並べて見ると表紙が違うぞ…発行された年が違うのかな?連続ドラマの原作だそうな。

作者の湊かなえさん。「告白」が大ベストセラーということは知っていたが、我が子をいじめ殺された母親が教師となって復讐を…てなストーリーらしい、聞きたい話じゃないでしょう~…と、敬遠して本も大ヒットしたという映画も近寄らなかった。


【ネタバレ】
e0001663_22060858.jpg
家人が息子の部屋の漫画本の整理を始めとる…強制断捨離。ベッドまで本を踏まずに入れない状態から拾い集めて、全巻セット出来たものから箱詰め、売り飛ばす計画。最近のコミックはタイトルも解らんなぁ。

ほんまにもぉ…と、これは人のこと言えない。私の時はもっとあった…DNAですな。この山のなかにある「めぞん一刻」一冊は私のです。捨てないで!
e0001663_21273831.jpgなんか書きにくいタイトルだなぁ…官能小説みたいではないか…ないこともないか。

ふがいない僕は~でヒット飛ばした窪美澄さんの最新作、って他は読んでないけど。読書リハビリの一環としてKIOSKで購入。新幹線ですぐよんでしまう。官能小説、と断定してしまうのはちょっと気の毒、いい人ばかりの登場人物がどなたもどこか煮詰っていて、たぶんこうなるだろうという結末に向かってゆっくりと話は進んでゆく。

主人公入れ替えながら、自分たちの幼少時と父母世代の思い出がいつか見たような街の情景と共に描かれていく。微妙な仲の兄弟と一人の女性の三角関係…女流好みの私だが、女子からみた男子像があまりにステレオタイプなのがやや違和感。最後に出てきた大阪のミミちゃんだけが実感のある登場人物だったな。

でも、他も読んでみるかな、と言う気になったのはやはり官能小説だからだろうか(^^;