カテゴリ:みゆき族( 258 )

e0001663_10425382.jpg
土曜日。K君よりお誘いを受けていた「荒井りえバンドーMM5」のライブを覗く。これで3回目、全部行ってるな。今回は麻布十番ミミックトーキョー、コロッケさんのお店。これまでの2回と比べて大きくグレードアップ、もはやアマチュアのセッションではない…って、りえさんは本物のプロです。K君の営業活動の成果芳しく、客席には知った顔ずらり…一概にみゆき族といってもいろいろ派閥があり、清和会も宏池会も共産党もタリバンも居る(^^;)…そんな派閥を横断して国連総会みたいな多彩なメンバーが集結していて驚いた…なんちゅう大袈裟な!

空君から始まった前半は、中島みゆきを知らない人でも知ってるであろう、一般バージョン。休憩をはさんだ後半、第二部はあまり知られていない曲を集めたマニアさん向け…って、ここに集まってるお客にとっては、日常の読経で唱えている周知のものばかり…それが嬉しくも有り難いのだけどね。

舞台がはねた後、珍しいメンバーでちょっとだけカラオケ、少し癒されました。

e0001663_14133577.jpg
恒例60年代以前生まれ中島みゆきカラオケオフ会、某月某日に開催さる。いつもながらの大盛況は39人(くらい?)の参加者。(写真、トピのトップから頂いて縮小しましたm(__)m)…今回はいつも楽曲をテーマ別に深く解析されておられるJ氏が大幹事。幹事持ち回りの制度は、毎回違ったテイストの会となりとても興味深い。

二時間の自己紹介ショートカラオケのあと、テーマのJ、の面目躍如で、企画とりどりのテーマ部屋8部屋に分かれる。夜会部屋、酒場部屋、映像部屋、楽器部屋、昔のお部屋、ご乱心部屋にデュエット部屋…あらかじめ希望を募られた際に、どうせなら女子と歌おう♪とデュエット部屋希望を出しておいた。

が、あららー?デュエット部屋はいつの間にかコラボ部屋、ハモり部屋となっており、ハモり自慢の強者がお部屋に集う…さてどないしよか…と、みゆきさんの純正なハモり曲は三曲のみ。中で男がハモらんで済む「ふたりは」…これしかありません。私のステディパートナーMMさんから浮気して嗚咽の女王Aさんと熱唱する。ハモってたかどうかは知りません。二曲めはヤケクソの永遠の嘘つま恋バージョン、拓郎ギター掻き鳴らす…ボロボロ。

どんなに辛い日々の合間でも、ここに来てみんなの顔に出会うとひととき現実から離れられる。次回はサプライズ幹事と副幹事、すんなり日程も決まる。その日まで足元の石くれを拾いながら精一杯頑張ってまいりましょう。
e0001663_21263776.jpg
京都とんぼ返りの月曜日。Dマガジンにてこんな記事発見…現代、周期的にみゆきリスペクト特集やるんだよな。きっと編集長がみゆき族なんだな…ひょっとしてあのオフ会に来てるあいつ?あの方かな?…なんてね。

内容はみゆきさんと桑田さんをリスペクトするにあたり、他のアーティストをくさす手法。同世代の松任谷由実も山下達郎も長渕剛もろくに活動しとらん、ユーミンなんか還暦過ぎてから一枚もCD出しとらんし、最後のシングルは5000枚も売れんかった。所詮時流をとらえてるだけ、経済のユーミン、文化のみゆきだ…と。

竹内まりやも五輪真弓も存在感なし。直近の慕情で有線一位を取った中島みゆきと比べるなんて…と、全く同感ではあるが、こんなやつのことをみゆきさんは「もしも私がすべて正しくて、自分以外は間違いばかりー、寒いだろうね、その一生は~ノバディズライト~」と歌っておられる…私のこと?(-_-;)

自戒を込めて、私だってユーミンの歌はいくつか知ってる。みゆきさんを100としたら、切り上げて1くらいの高い評価をしてるのだ。ま、桑田さんは5くらいありますが…ちなみにBeetlesで30くらい。

そんな狭い器量ではみゆきさんに「喝!」入れられますぞ、現代さん。
e0001663_10582385.jpg
昨年2月でその歴史を閉じた「阿漕なみゆき」、一年ぶりに一夜限りに復活する。しかも会場のサマンサ倶楽部そのものが3/15で閉店が決まったと言うことで、ほんとに最後の最後。何を置いても駆け付けなければ…と、内緒の多忙の隙間をぬって参戦する。

主宰のCさんはじめ、馴染んだ仲間の顔が嬉しい…と、あっちこっちでよく見てるお顔だけどね。本日2月24日はみゆきさんの66回目の誕生日2月23日の翌日…狙ったに決まってる「昨日、お前のー誕生日だったよーねー」の杏村を大合唱する。

初めて人前でギターを弾いたのが2015年3月15日、3年の成果をご覧頂くべく、この日の為に仕込んだ「恋文」と最近の定番「彼女の生き方」をもそもそと披露する。3年4年は洒落のうち~…これもここでやったなぁ。。。男子三年会わざるも刮目せず見るべし。

サマンサのママさんに主宰のCさんからプレゼントを贈り、皆でケーキカット、集合写真を撮って、お疲れさまでした、有り難うございましたの心のこもったセレモニー。またどこかで会えるといいですね。
e0001663_08092820.jpg
とりあえずのお知らせ書き込み、d-マガジンよりコピー。「昭和、平成、そして次代へ」のタイトルのもと、「中島みゆきが愛される理由」な記事が4ページにもわたって週刊サンデー毎日に掲載されている。ありがとうサンデー毎日、急げ書店へみゆき族…って、私も本は買ってないか。

内容はデビューからポプコン秘話、提供曲秘話とプロジェクトX秘話…族なら誰でも知ってる話。豊臣秀吉を語るのに「百姓だった猿に似た男が信長の草履取りから身を起こし、信長の死後に天下を取って淀君を側室にしたあと死にました。跡継ぎの秀頼は徳川家康に殺されました。」でおしまいにするようなもの…例えがしつこいですな。

1ページめの写真…偽りではないが、昔のもの過ぎて不当表示だと消費者庁に怒られますぞ。


e0001663_22201144.jpg
昨日、スーパーブルーブラッドムーンの夜、しけ込んでた北千住のライブハウス「マジカルファンタジー」…通称マジファン、にての懲りない弾き語り姿。いや、出来が悪うございました。ろくに仕上がらないうちに次のに行くから、できたはずのをすぐ忘れてしまう。

こんな体たらくでいつかちゃんと弾けるようになるのだらうか…マジ不安…はい、つまんないですね(-_-;)
e0001663_18034902.jpg
新宿御苑オンリー・イエスタディにての小夜会、数えて第17回目が昨日土曜日開催される。毎月きちんと企画してくれるNちゃん、ありがとねー。来る者拒まず、ドタ参ドタキャンどうぞどうぞ、リーズナブルなお店の料金と相まって回を重ねる度に参加者が増え、昨日は過去最大28名を数えることに…座る所を見つけるのが至難の業。それでもテキパキ仕切って頂いてなんとか2周することができた。とりあえず一枚だけ撮った写真を、精一杯モザイク処理して載せてみる…これでも解る人は解るが許しておくれ。

なお、「小夜会」は「しょうやかい」と読んでよいのだよね、Nちゃん…先日ご一緒した重鎮二人が「え?さよかい、じゃないの?!」と言ってたので心配になる。さよかいな、って、関西人か?

e0001663_15171773.jpg
大事な会議…忘年会すっ飛ばして大阪フェスティバルホールにての「中島みゆき夜会工場vol.2」に駆けつける。vol.1は、と調べると2013年の12月に名古屋まで行っておる。なんかあまり印象に残っていないようで、感想も書いておらん。今回も「夜会工場、か…あまり期待はできないなー」なんてこと、発表になった時に書いてるぞ。。

4年前か…仕事だとほんのちょっと前のこと。その頃からやっててまだやってるプロジェクトすらある。が、みゆき界での時間はゆっくり流れるようで、なんか色々あった4年だったなぁ。泣いてもいいんだよも麦の唄もアルカディアもまだだったし、60オフもまだたった11回。サマンサにも顔を出しておらずギターも触ってなかった。今はなき大森おきゃんで度々騒いでた。
e0001663_15171832.jpg


ネタバレ
e0001663_18452041.jpg
水曜日、某重大会議をなんとかしのぎ大阪とんぼ返りに成功、23日勤労感謝の日を勤労せずに過ごせることに。と、朝イチで、ギター仲間のGさん、hさんより横浜マークⅡでのみゆきデイへのお誘いを受ける。主宰のTさんには常々より大変お世話になっており、迷わずいそいそと参戦する。店内は懐かしき昭和のフォークソングシングル盤のジャケット。名前からして拓郎リスペクトのお店ですな。

折しもこの秋のニューアルバム「相聞」が昨日発売になったばかり。タイミングいいイベントだ。御苑オンリーイエスタデーよりちょっと狭い店内に25人の満員御礼…プロ並みなユニットの方も居られ、相変わらずの練習不足、イロモノ出演のワタクシ、恐縮しながら2曲を弾かせて頂く。演目も毎度同じ…誰も覚えてないからいいや…のドヤ顔。
e0001663_14422740.jpg

常連のGさん、「出がけのたこ焼き、帰り道のホットドッグ」をルーティンとしておられるとかで炭水化物お付き合いにアルコールお付き合い。ほろ酔い勤労感謝の日となりました。
e0001663_19045365.jpg
日曜日。プライベートな雑用をこなして午後4時、夜分にもう一件所要があり今日はもういいやとオフを決め込む…で思い立って赤坂へ。荒井りえバンドの2度めのライブ、会場は前回と同じく「天竺」。ドラムの方は初めまして、あとはいつもの顔。客席にもいつもの顔。安らぐね。

「ありか」に「不良」…ばりばりロック系ナンバーでスタート。常々物真似タレントで営業すると、一般の方も知ってる曲中心でやらざるを得ず、今日のようなマニアックなのができるのはとても嬉しいとりえさんが仰ってた。

なにかと勉強になるライブでした。