カテゴリ:旅の手帖( 437 )

e0001663_15341842.jpg
二日めのお宿は京都のSakura Terrace。別館をAtelierと称してる。部屋にはトイレもシャワーもなく小上がりの板の間にでかい布団。確かに寝るだけならこれで十分だな。

インテリアもサインもとてもお洒落。お洒落なものを作らねばならない強迫観念に苛まれてる今日この頃、寝ていて癒されませんでした。
e0001663_13473867.jpg

e0001663_08482190.jpg
静岡から大阪へ。本日の会議に備え新大阪から地下鉄で二駅、江坂のビジネスホテルに投宿する。その江坂駅にバスケットボールB-リークのポスター。大阪エヴェッサ、って言うんだ…サッカーはセレッソ大阪、だったな。いかにもそれらしい…と、「えべっさん」やん、と気が付く。商売繁盛で笹もってこい♪

でそのホテル。閑散期と見え一泊3700円、本日に限りなんとベッドを三台おつけしました!のジャパネットたかた…どれに寝よう?両手にベッドで真ん中でゆっくりやすみました。
e0001663_10115864.jpg

e0001663_14354762.jpg
新規案件の現地調査船で静岡県掛川市を訪れる。何十年ぶり?…お迎えを待つ間、新幹線駅前をうろうろ。駅前再開発、区画整理事業完成記念の「合體(がったい)」なるモニュメントを撮影してみる。ジュン・スズキなる作者との銘板。何と何の合体なのかな?…釣りバカハマちゃんをふと思い出したなり。
e0001663_22512974.jpg
夕刻より京田辺現場にて打合せ…あららー、という間に9時を過ぎる。I君と高速バスで京都駅へ。明日に備えて駅近に投宿となる。ライトアップされた京都タワー、お隣のROHMビルの灯りとコラボしててとても綺麗…LED,偉いっ!

なにはともあれ腹減った。以前に同窓Y君に連れてきてもらった牛スジ煮込み屋「へんこつ」を探しだす。その時も人気店でなかなか入れんぞ、と言われた記憶…カウンターが2席だけ空いておった。そのあと来た客、「いっぱいですねん」と断られてたからかなりラッキー。店のメニューは牛スジとサルベージ…なるほど手つきがドブ浚い(^^;…でもどっちも同じ鍋からすくってるぞ。「おんなじようなものですねん」…潔い店主なり。
e0001663_22533035.jpg
むちゃくちゃ美味い…けど、2杯喰っては胃がもたれまする。皆さんそうだと見えて、とても回転の早いお店でした。また来ますねー。
e0001663_08373526.jpg
一昨日。華やかな新春交歓会お開きのあと、S保センセと二人二次会で、神戸三宮の「Acoustic Cabin 隠れ谷」へ。四木会の重鎮Hさんが関西へ戻られたあと、こちらのマスターとバンド活動をなさっておられる…のをFacebookで度々拝見しており、一度訪れてみたかったと、S保センセのリクエスト。

カントリーを中心に活動しておられるとか…店内にずらりと並ぶギター名品の中から畏れ多くもマーチン様を手にしてみる。天下の名器D-28と、写真のest-1833と書かれたお品。マスター曰くはD-28よりこっちの方が弾きやすいですよ…とな。
e0001663_17252807.jpg
とりあえずは傷付けないようにそろそろとアルペジオで遊ぶ。少し慣れてきてジャカジャカと遊ぶ。何が悲しうてワシのギター聞きながら飲まゃならん(-_-;)とぼやき顔のS保センセはほっといて何曲も何曲も…みゆきさんばかりを。
e0001663_08334114.jpg
とても寛いで過ごせたので、11時過ぎまで腰を据えて飲んでたのだが、遂に他のお客様に出会うことなし。少し経営が心配なり。
e0001663_22285054.jpg
夕刻の会議のため午後の新幹線で大阪へ。年末年始の休暇明けは電車ガラガラ。いつも確保に苦労するお宿も閑古鳥と見え、大バーゲンセール中。21時以降チェックイン、のシバリ付きではあるが十三駅程近くのホテルMy Dearとやらがなんと税込み3,000円。カプセル並みじゃなぁ。

しかし21時以降チェックイン…とはこれいかに?…と、フロント前に出てくる客も入って来る客もカップルばかり。うーむ、ビジネスホテル検索で出てきたのだが、いわゆるひとつのラブホなのね。デイユースとも言い替えられる。

が、ナイトウェアとバスタオルと歯ブラシた枕が二つあるだけで、部屋はいつも泊まる安宿よりずっと綺麗。バスルームもトイレも最新の設備で極めて快適。ここ、知らなかったなぁ。いつもはこんな値段じゃない、んだろうな。

で、会議が18時過ぎに終わったあと、21時まで時間を潰すことになり、詳細後述します…ラブホチェックインとは無関係です。
e0001663_16553962.jpg
25日、今年最後の某重大会議、関ヶ原の戦い……壇ノ浦の戦いのようになってしまったが、なんとか入水は免れ本日から挨拶廻りモードに入る。神戸で3件ほどご挨拶したあと有馬温泉へ。初めて三宮からの直通バスに乗る。終点は有馬温泉太閤橋…たもとには太閤豊臣秀吉の銅像。伝説通り、とても小柄でちんまりと座っておられた。

来年、こちらに足繁く通うことになりますように、と太閤様に願をかけて帰ってまいりました。


e0001663_19481820.jpg
昨夜のお宿…まだ木曜日と言うのに、京都~大阪~神戸、まるで取れぬ。紅葉の季節、だからかなぁ?いや、リッツ・カールトンとかコンラッドとか、無い訳じゃない。が、夜中に酔って千鳥足でどぼんと泊まり、早朝しゃかしゃかシャワー浴びて出かけるだけに7万円も8万円も出せるか!…ってんで、ちょっと一ランク落として十三のカプセルホテルへ。税込み3,200円(^-^)v

どんなホテルに入っても、夜中の時間の使い方に行き詰まり、ひとり居酒屋で無駄な出費を重ねてしまう…その点、ここなら休憩椅子でピーナッツつまみに一杯300円の焼酎クピクピ。テレビと漫画完備、いつでも風呂へ戻ってサウナ三昧。寝床さえ下段であれば、こっちの方が素敵だと思う…あの葡萄は酸っぱいと思う。

何も会社の経営状態が逼迫して、カプセルに泊まった訳じゃないよ…I君が夜光バスで来てるのも勉強のためで、新幹線代がないからじゃないよ…高楊枝咥えてるし(^^;
e0001663_08163109.jpg
旅の最後はのんびりと元町異人街の散策、まずは聖ハリストス教会へ。ロシア正教の教会、カトリックのものと微妙にテイストが違う…重厚というか陰鬱というかロシアらしいというか。よく手入れされていて一流の文化財として保存されている。ハリストス、とはキリストのロシア読みとのこと。

e0001663_08163473.jpg
なんとか坂…海がすぐそばにあって人通りが寂れている神戸か横浜…神戸よりのびのびしてていいね。散歩中見かけたソフトクリーム屋さんでおっさん7人ソフトクリーム食べてコーヒー飲んで旅終了…ほんとのんびり。

と、この数日、台風22号接近で日本列島北海道を除いて暴風雨。函館飛び立つまで全く雨には合わなんだ、が、帰りの飛行機が東京へ着く頃、ちょうど真上(真下?)に台風。揺れた揺れた~…「揺れましても飛行の安全には支障はありませんのでご安心ください」とのエアドゥのCAさんの冷静なアナウンス…偉い!「ゆ、ゆ、揺れましても、ひ、ひ、飛行の安全には…うわぁ!きゃぁ!」なんてアナウンスされたらパニクるもんな(^^;)…やっと着陸した時には客席から拍手が沸いた。つくづく、パイロットって大変な職業だね、J君。

これにて2017年白秋会旅行無事完走。来年秋まで皆様お達者で。

e0001663_20065171.jpg
ホテルの豪華バイキング朝食をたらふく詰め込んで10時に出発、本日の最初の目的地五稜郭へ…すぐ着いた。今回の移動距離の短さは幹事の自慢なり。まずは五稜郭タワーへと登り庭園全景を見下ろす。タワー自体はゴミ焼却場の煙突みたいな色とプロポーションだが、眺望は東京スカイツリーよりかなり良くできてる…怖いくらい。
e0001663_21264067.jpg
見下ろす五稜郭公園黒船撃退の守り固めで箱館戦争の激戦地、とあるが、西洋かぶれの殿様が道楽で作ったんではないか?とのI教授の説がとても説得力。アメリカさんに媚びたのではないかと思うほど。館内は土方歳三讃歌一色、函館では大スターなのね。いつものような銅像の前で同じポーズで撮影してみる。
e0001663_21265576.jpg
見学を終え散歩を終えて12時。朝飯食ってまだ二時間…もう食えん、胃がもたれると言ってた7名の64~5歳、目についた回転寿司「函太郎」に入店する。えー、まだ早いやん!と言うたやつ8皿、胃腸の鍛練か!と言うてたやつ生ビール2杯…ネタが半端なく美味かったのと、各位の胃腸が半端なく鍛えられてるせいだろな。
e0001663_20065331.jpg