カテゴリ:MONO語り( 213 )

e0001663_17312107.jpg
睡眠の達人を自負しているワタクシ。五つ数えるうちに眠りに落ち就寝か気絶かと言われる寝付きと、枕元に朝飯をすべてセットして、起床10秒後に食事ができる寝起き…顔洗えっちゅうの!…大学の大先輩O先生によると「こいつはワシが貴重な有難い建築論を授けようと語ってるのに、ふと見たら熟睡しとる。」とのこと。睡眠薬より覚醒剤が必要と思われる次第。

それが最近、寄る年波のせいか、過度の飲酒による頻尿のせいか、夜中に何度も目覚めてかなわん。今抱えてる仕事のストレス…でもきっとあるな…と言うことで、生まれて始めての睡眠薬購入…と言ってもアサヒビールが出してる機能性表示食品、とあるからクスリ、まではいかないのかな。

現代人で同じ悩みを持つ方が多いと見え、色々出ておる。味の素の「グリエ」とか大塚製薬の「賢者の睡眠」とか。やはり食品のイメージの方が強いね。更にプラシーボ効果、だっけか、特効薬と称して小麦粉を投薬したら症状が改善したと言う偽薬効果…意外と効いて、それほど頻繁には夜中に起きなくなった。

かくなる上はアサヒビールさん、夜のお菓子うなぎパイに負けないよう、「ガンバラナイト」なる精力剤とか「ハタラカナイト」なる残業効率活性剤も開発してくださいな。
e0001663_22423114.jpg
あたし髪を解いて
刺身買った、刺身買った、飯の続きを始めましょう~
…なんでも、どうしてもみゆきさんに絡めたい誘惑^^;

知人Sさんより難題なご相談。お住いのマンション、玄関ドアに2個のカギが付いており、それぞれシリンダー・サムターン、即ち外からは鍵で開け閉め、部屋内からはつまみを回転させて開け閉めする普通のロック。事情があり、外から閉めたら中から開かないようにできないか?と。

なかなか複雑で深刻なご事情。Sさんがマンション管理の方に相談したところ、二つのうちの一つを両側シリンダー、鍵がなければ中から開けられないものへの交換を勧められた…¥50,000-…高くないですか?とのご相談。

高いような気もするけど、問題はそこではないような…火事だぁ!など非常時にもたもた鍵を探してからでないと表に出られない…それはまずくないですか?ってんで、私も商業施設の避難経路でよく使う非常用キャップをお勧めしてみる。勢いでアマゾンで一個注文してみる…¥1,300。翌日すぐ届く。

さて、届いたものの、これを取り付けrためにはサムターンを外さにゃならん…できるかしらんSさん、と私?
e0001663_21102723.jpg
タイトル、なんっにも意味ありません。ちょっと錯乱ぎみかもしれません。

週末帰京する際に、バッグいっぱいの洗濯物担いでくのが馬鹿馬鹿しくなり、洗剤買ってアパートの一階にあるコインランドリーで深夜に洗濯する習慣となった。寝るだけ、布団以外なにも要らんつってたのが、テレビが来てギターが来て洗濯もするようになった。これで電気釜買ってきてご飯作り始めたらほんまもんの一人暮らし。そんなつもりはなかったんだよー。

しかし、洗濯150円、乾燥100円×2、で洗ってると意外と高くつくのだよ。コインランドリーで一財をなしたS社長、相変わらず儲かってまっかー?
e0001663_23403316.jpg
ノンスタイル石田君が見せている「Coach」のバッグ…高知、ですな。この写真でTwitterで呟いたところ、バカ売れに売れているとか…石田君が高知に縁があるわけではなく、デザインしたアーティストが高知の方らしい。先日惜しくも甲子園を去った高知商にちなんで高知ショー…はい、面白くありません。

ブランドのパクリは昔から色々ある。馬から転げ落ちるマークの「Poloっ」とか「味出す」「鰺出す」…私ゃ「類似ヴィトン」の財布買ったっけか。しかしそれぞれ立派なバッタもん…「高知」のバッグはどこが違うのかな?…世界チャンピオンがプロデュースする「MRADA」のバッグ、なんかはいかが?…はい、面白くありません。
e0001663_16115497.jpg
昨年2017年の10月10日の記事「幸運の鍵」…巣鴨とげ抜き地蔵商店街で購入したキーホルダー兼小銭入れのことを書いておる。たった9ヶ月前、きっとこのメッシュが破れガムテープで修繕することになるのでは?との危惧…見事に的中、半年前から右のこの可哀想な姿になった。メッシュの破れだけではなく、キーホルダーの金具がことごとく壊れ、鍵を幾つか無くしたりもしてる。

しばらく替わりを探してたのだよ。が、前回もそうだったのだが、なかなか条件に合致するものがない…で、昨日新橋駅の地下道端の露店商で全く同じものを発見する、Made in India。とげ抜き地蔵では一色しかなかったのが4色も…これだけダメだった子を再び、しかも同じピンク色を購うとはまた物好きな…。

鍵と小銭を落とさないように気をつけて…も、寿命はまた半年くらい?…でもよいので、とげ抜き地蔵のご利益を引き継いでおくれ。
e0001663_21284229.jpg
台風一過で戻り猛暑。日曜日の出勤前に行きつけのカフェBECKSのアイスコーヒーで熱を冷ます。つらつら読んだネットニュースでこのストローがえらい環境問題となってることを知る。

世界各所の岸辺に打ち上げられたり、死んだ鯨の腹の中から何百キロも見つかるプラスチックゴミ…ペットボトルなどと違い、ストローは小さすぎて再生が難しいんだと。外資系ホテルやスタバ、マクドなんかはすでに使用を中止してるらしい。代替品に紙ストローやストロー要らずのカップも開発され、企業イメージを大切にするサービス業から改革は進んでるようだ。

日本では、ストロー業界やレジ袋業界に気を使って改革の方針は示されていない…そんな国です。ストローの替わりに中空のパスタ用いたりして好評を得てるお店もあるらしい。中空のネギを用いる和風な試みもTVで見たが、どうも何飲んでもネギ臭くて採用は難しいとか。

私ゃ、水割りも焼酎もストローでは飲まんし、アイスコーヒーだってストローなきゃないでよいけどな。いっそ語源どおり麦ワラの利用ではあかんのかな?コスト高いのかな?
e0001663_20394757.jpg
寝るだけでよい、家具など要らぬと、荒んだ気持ちで定めた京都の我が庵…京都とはおこがましい、都の外れ鹿ぞ住む京田辺。鹿は居らんが馬鹿が住む。

ワールドカップのお陰でTVがやって来たそのあと、自宅から持ち込んだサイレントギター「男前」の弦…張り詰めすぎてもいないのに夜更けにそっと切れる…張り替えしようにも、楽器店などここいらにはあるはずもなし。5弦でしばらく遊んでたけど松戸に戻った折りに弦購入、百均はあるのでニッパーも買って張り替えにチャレンジする。

何回もやってるのだが…下手なんだよなぁ。今日も気が付いたらギターにポチっと血痕が…1弦とか2弦とか、必殺仕置人の殺人凶器みたいだもんな。…それでもなんとか張り替え完了、しばらくはチューニング狂いまくりだろうが、人前で披露する予定もない。とてもよい音になってくれた。

みんな孤独で辛い、黙って夜明けまで~ギターを弾こうよ~by千賀かほる…そんなに起きてられませんって。

e0001663_20032506.jpg
某所にてコンクリート+タイルで寝床を作ることになり、機能的にどんなカーブが良いのだろうか?と、自らのボデーをメジャーで測って三案作成する…こういうのってなんか教科書あるのかなぁ。たくさん作るので、間違えたらえらいこっちゃと、ベニヤ板で原寸模型を作成してもらう。手前から順に背中が立ってゆく感じ。

せっかく作ったので、クライアント軍団にも寝そべってもらう…これは狭いわ、これでは足届かんわ…の侃々諤々…そりゃ全員背丈が違うって。それでもこの中の一点に微調整を加えてモデル決定。さて左官の手仕事で首尾よく仕上がりますやら。

e0001663_21551472.jpg
タイトル、天平の甍、に聞こえない?…無理か。

某ホテルプロジェクト、マテリアル、カラ―スキム会議。9時間を超えるマラソン会議となる…終盤はパジャマやシーツ、枕等のサンプルを皆でディスカッション…。パジャマを社長自ら羽織り、枕を選ぶ際にはテーブル上に寝てみる…頭の下がる熱意。

これは元星稜、元星稜、元ヤンキースの松井秀喜さんが宣伝しているというTENPUR枕…ううむ、枕の良し悪し、いまいちわからないが、快眠できるのだろうmきっと。ということで、寝心地下ポートすることを条件井、一つお持ち帰りさせていただきました。

良い夢を見ますように。

e0001663_19451529.jpg
なんじゃ?そのタイトル?…そんな歌があったようななかったような…

何年か前に作ったメガネ、最近手元が全然見えなくなってる。特に夕方くらいからは書類もスマホもしんどいこと…老眼進行だよな、とレンズ交換するつもりで松戸のJINS再訪。レンズ交換代と新しいフレームが同じ値段なんだと。しかも遠近両用は一週間預り、選択肢はない。ほとんど同じデザインのものを新調してしまう。メガネの原価ってたぶんえらいこと安いのだろうな。

やはり遠視がとても進んでおった…とおねいちゃん。トークも手際も立派なもの。一時、眼科医が目の敵にしてたメガネ屋さんだがもう勝負あり、だね。そんな中でも、ドラッグだスーパーだ市場だと、競争は激しい模様。JINSのおねいちゃんの時給、えらいこと安いのかなぁ?