カテゴリ:四季の彩( 178 )

e0001663_16075493.png
「最強の勢力で上陸は25年ぶり!」とか…今年は台風の当たり年、大豊作。猛烈な勢いと猛烈なスピードで駆け抜けていった台風21号。午後からは表には一歩も出ず、暴風に揺れるプレハブ現場事務所に缶詰しておった。現場の様子を見に行ったりしたら最初の犠牲者になりかねんもんな。雨雲レーダーに映る禍々しくもどす赤い豪雨の色…ゴジラ襲来のシーンと重なる。

しかし、私の今の戦場近畿地区、大阪地震、西日本豪雨に続き三度目の被災。呪われてるとも祟られてるとも思わないぞ!でも、四回目は決してありませんように。


e0001663_12462817.jpg
夏の風物詩、梅の天日干し…昨年は、家人がちょっと目を離したすきに俄雨に打たれ、なにやら復活の呪文…焼酎で洗う?…を施すも、なーんかイマイチの出来。「命に関わる暑さ」…と言われた今年、万全の梅干しが出来上がるであろう…と、台風三発同時接近とな?次はどんなスローガンで来るのか気象庁。

祈っても梅は増えないが、一年の朝ごはんの興廃、この数日にあり。絶対濡らさないでねー。

e0001663_13190660.jpg
昨日13日、日本三大盆踊り(?)の阿波おどりクライマックス、総踊りが開催されたとのこと。まだ行ったことないし、特に興味があるわけではないので例年だとスルーなニュース。が、今回はなんかゴタゴタがあって、しばらく前から注目のイベントになっておった。

30年間で4億からの赤字だと、主催する観光協会を破産に追い込み、もっと儲かるイベントにすべく、市長権限で「総踊り」を中止し、何ヵ所かでの分散開催としたことに踊り子さんたちが反発して、昨日、無許可のゲリラ総踊りを決行した。市長は安全上の懸念で再三中止を呼び掛け、阻止に動くかと思いきや、ほとんどの人は総踊り支持。儲けを目論んだ他の会場は閑古鳥…市長赤っ恥。

そもそも赤字つったって、30年で4億。一年1300万くらい。伝統行事保存で予算つけていいくらいじゃない?それに赤字の原因は主催に食い込んでる新聞社が広告費や運送費を特名随契で食いまくってたせいだと…市長自身がその新聞社の系列会社出身で、選挙絡みでの所業だと…(←ワイドショー情報ね。が、こんなネガティブ報道されるだけで新聞社のマイナスすごくない?)

しかし、何でも観光資源として商売に、いや公共事業にするのはどんなもんかな?踊る阿呆に見る阿呆…ええじゃないか、なんかと同じく庶民から自然発生したお祭りじゃないのか?いわばOur踊り(^^)。権力が飯の種にするのは違和感がある。そのうちメーデーとか国際反戦デーあたりも、行政が電通あたりと組んで入場料取るイベントになるのでは?

ま、よく知らない聞きかじりでの記事なのだが、とりあえず市長のインタビューだけ見て、その顔つきと言葉で誰が悪者なのかはよく解った…偏見の極み?…いや、威厳と決意を湛えた知事の表情と、無知と浮薄と卑劣を湛えた総理の表情を見ると、やはり人格が顔に顕れるのは否定できもはん!
             ↓
e0001663_15373424.jpg

e0001663_08341668.jpg
15年ぶりに火星が大接近しておるらしい。スマホのズーム目一杯効かせて撮影も…インベーダーゲームみたいだ。手ブレ、だね。そう言えばスーパームーンは肉団子だった。


5,759万キロ…何億光年なんて銀河のお話と違い、5、6年飛べば着く(?)お隣さん。下の写真は左から水金地火…反対側のお隣さん、金星とか地球に比べるとずいぶん小さい星なのだね。
e0001663_13502058.jpg

e0001663_12582098.jpg
極端な気候の日本列島、いままで経験したことのない数十年に一度の豪雨のあと、命に危険を及ぼす暑さ。で、台風、ですか…これは常連さん、ではあるが奇妙なルートで接近し関東直撃…と思いきやフックが引っ掛けチーピンとなりOB、ではなく近畿中国フェアウェイど真ん中。

今週も週末東京へ戻るつもりなのだが、本日中に帰れる当て無し。直撃を免れたとはいえ、関東には大雨の予報…止まらぬうちに早い新幹線に乗るとしましょう。
e0001663_21441323.jpg
42.3度になったら4・2・3って書いてやろうと思ってたけど、この辺で手を打つ。

スーパー猛暑、殺人猛暑の看板に偽りなし…もう一週間以上も続く38度線の日々、が遂にその則を越えて41.1度に。昨年四万十川に日本一を奪われた熊谷市、首位奪回に歓びの声…はないわな。花湯スパリゾート…息災なりや?

気温37度に達したとき、風邪引いて37度の熱がある人がびたーっとくっついてるのと一緒と慧眼なコメント書いておられたが、41.1度…もはや点滴が必要な重病人がびたーーっとくっついてる、たまらん。

この記事は大阪弁天町の涼しい喫茶店でスポーツ新聞読みながら書いとるのだが、すぐ裏面には甲子園を目指す熱闘の記事。37度以上は外出禁止でしょ、なんでこの時期に…夏休みしかできないもん、だよね。ではなぜナイターにしないのか?…高校生、門限あるも…だよね。ではなぜエアコン完備の大阪ドームでやらんの?…熱中症で倒れるのも夏の風物詩…部屋で見てる人は暑くないからええやん…か。

人が熱がってのたうつのも一興、楽しませるのもいいけど、東京オリンピックのマラソンで死人が出ませんように。
e0001663_15060245.jpg
猛暑襲来…ここ京都でも体温を上回る38度を超え、そよ吹く風がロウリュウサウナのごとし。豪雪、暴風、豪雨に猛暑と、極端な天候が相次ぎが続き、注意を喚起する気象庁さんの文言も工夫を凝らした新しいものになってきている。

先日の豪雨は「数十年に一度、これまで経験したことのない大雨」と…看板に偽りのない凶暴な豪雨であった。今回の猛暑には「命に危険が及ぶ暑さ」と…たしかに…ちょっと歩いただけで脳天を炙られるような衝撃。たまらずドンキホーテにて帽子購入。

世界中の気候が狂っていると聞く…地球温暖化、嘘じゃないね。
e0001663_22405243.jpg
支度は何もないからはだしでドアを開けるだけ~…現場から徒歩で5分程度のわがセカンドハウス…が、傘さしてても全身ずぶ濡れになる猛烈な雨。

自然に祟られてる、と言うか、先日の震災で被害を受けた近畿地方に今度は大雨が襲いかかっている…こちら京都でも一か月分が数時間で降ったとかなんとか…電車は止まり避難勧告は避難指示に。土砂崩れ警戒警報、なんて初めて聞いたかも。何を試そうとしているのかお天気の神様。

明日の打合せにこちらへ向かう人たち、くれぐれも用心して無事たどり着いてくだされ。

e0001663_16542692.jpg
関東では昨日梅雨明け、とか…まだ6月だぞ。観測史上最速、また23日しかなかった梅雨も記録的だそうな。あんまり降らなかった年なんだなぁ…と、結構豪雨なイメージもあった。太く短いマッチョな梅雨だったのだね。

こちら関西ではまだ梅雨明け宣言は出てない。今日もスマホには激しい雨が近づいてる…予報が飛んできておる。が、太陽ギラギラ気温はぐんぐん、空は全く夏模様。いい感じで積乱雲が発達してきてまもなく土砂降り間違いなし。降られないうちに帰京の途につきたい週末の午後なり。
e0001663_19233195.jpg
なぜ?と聞いてしまう「かえるの日」…けろ(6)けろ(6)だそうな。あまり語呂合わせにはなってない。しかもかえるの日に何をするのか…おうちに早くかえる?

ただ今年はどんぴしゃ、本日に梅雨入り致しました。季節感は押さえられてるね。しばらくは傘と一緒。