カテゴリ:Sports( 444 )

e0001663_15480754.jpg
高橋は3位で辞めたのに、最下位のお前はなんで辞めん!とバッシングされてた阪神金本監督。三年契約の一年目で辞任…つか、たぶん解任。勝負の世界だから仕方ないのだろうが、三顧の礼を尽くして来ていただいた身としては何となく申し訳ない感じ。広島で叩き上げ超一流となってからFAで招いた方。アニキと慕われてたと思いきや、内輪揉めの伝統を誇るタイガースは居心地悪かったのかも。ヨシノブさんと違って少し肩の荷を下ろした表情に見える。

で、次は?…と、矢野さんになりそうだな。野村、森以来、捕手出身は名監督になるケースが目立つ。試合全体を見渡すポジションだからかな。しかしいつまで待っても掛布監督の声は上がらない…江夏監督も田淵監督もなかったし。矢野さん挟んできっと鳥谷さんがやるんだろうけど、まだまだ現役できるぞ。ヨシノブさんの二の舞は避けようぞ。
e0001663_21391406.jpg
今シーズンの3位が決まり、就任3年間で一度も優勝できなかった責任を取り退任が決定した高橋由伸巨人軍監督がバスで帰路につく…寂しい写真だ。慶応からプロ入団の際も決して本意ではなかったようだが、堂々の主軸を務めていた。晩年は、なぜだか解らぬ控え扱い…も、腐らず代打の切り札を務めていた。彼が代打で出てくると必ず打たれる予感がし、予感を当ててあげてた我がタイガース。

現役引退→監督就任もなんか強制的…慶応出身のスターだから既定路線…と野球見ない首脳部が考えたのか、高橋家が読売に巨額の債務でもあるのか…コーチ経験も二軍監督経験も全くなしで、前任がぼろぼろにしたチームのトップにポン。山口やら楊やらの場当たり補強はことごとく大外れ~。3年経って優勝できないからすぐクビ~…相変わらずじゃのぅ。

この3年、嫌巨な気持ちがなりを潜め愛虎の気持ちも萎え気味だった。ヨシノブさんのおかげだな。後任はまた裏社会から復活した1億円不倫もみ消し男…きっと熱を入れてタイガースを応援する年になると思う。

あの世界の王さんも、初回監督の時は挫折している。ヨシノブさん、11球団のどこかの指導者として必ず戻ってくるに違いないと信ずる次第なり。

e0001663_21393630.jpg
日曜夜、WBA世界バンタム級タイトルマッチ兼WBSSなる世界最強王者決定トーナメント一回戦で、チャンピオン井上尚弥の衝撃的KO劇を目撃する。元世界王者を相手に1R1分10秒で一発ノックアウト、このTV画面撮ってから10秒後だぞ…汗をかく暇もない瞬殺であった。

階級が細分化された上に団体が乱立し、同じ階級に何人もチャンピオンが居て誰が一番強いのか解らなくなってる今のボクシング界…WBSSはファンが永年待ち望んだイベントだね。海外で命名された「モンスター」のニックネームに偽りなし、おそらく日本史上最強の王者に違いない。

ついでに言うと、解説者が山中慎介と長谷川穂積…こちらも最強解説者だ。贅沢な瞬間、70秒しか味わえなかったのが残念なくらいなり。

e0001663_22211859.jpg
今年一年、忘れていた野球熱を大いに掻き立ててくれたエンゼルス大谷翔平選手の右肘靭帯再建手術、通称トミー・ジョン手術が、シーズン最終戦終了翌日に執刀され成功したとの報道。さすがアメリカ、球場から病院に直行したのかと思わせる早業。ビックリしたのは台風も知事選も差し置いてニュース速報で報じられたこと。単純に一スポーツ選手の動向にとどまらなくなってるね、大谷くん。

シーズン開幕の4月と閉幕の9月に月間MVP。途中の故障で普通の打者の半分以下の打席で22本のホームラン…エンゼルスタジアムのバックスクリーンの岩山、何度見たことか。バーランダーもクルーバーも攻略してる。故障前には100マイルの豪速球でノーノー寸前の快投。驚異の長打率とチャンスでの強さ。ボテボテの内野ゴロを安打にし、すぐ二盗を決める快速。お茶目な弟キャラと類い稀なる研究熱心。キュートな笑顔と抜群のプロポーション…こんなやつ、史上に居ったか?しかも少ない打席で100三振、ってのまで偉業に見える(^^;

人間には使っていない腱が4本あり、靭帯再建手術は4回までできるのだとか…不思議な器官だな。それにしても体にメスを入れるのはおじさんとても心配。ダルビッシュ、苦しんでるからなぁ。寝苦しい夜、一番ピッチャー大谷での試合、5打数5安打二本塁打とサイクルヒットに三盗塁、20三振を奪って完全試合する大谷くんを1球ごとに妄想する楽しみを作ってくれたもんね…子供みたいだけど。

シーズンが終わってしまい、MLB1球速報が見られない大谷ロスに陥りそう。手術の影響とリハビリ期間で来シーズンは投げられないらしい…4月にクリーンアップで復活するのを半年間楽しみに待ってるぞ。
e0001663_08114561.jpg
セントラルリーグペナントレース、ぶっちぎりの独走で広島カープが三連覇を果たした。未曾有の天災に見舞われた広島、大いに勇気付けられたことと思う。本籍地阪神、ただいまエンゼルスのアナハイムに仮住まいのワタクシ、眩しい思いで本拠地広島での胴上げビールかけを眺める。今年で引退を決めた新井さんの「二次会は黒田さんちでやります、300人くらい入れるらしいので」…なんてジョークが、新人からレジェンドまで一体となってる素晴らしいチームカラーを現してるね。

FAでは補強せずFAで出ていく選手も引き留めず、甲子園のスターもMLBの大物も取らない。新人はファームでじっくり育てて一軍に送り出し、ドミニカにカープアカデミーを設立して、無名の選手を見出だして戦力にしてる。球団としてカッコ良すぎるやん。藤浪取って福留、糸井を取って、監督まで金本取って…なんばしちょるとかいな?

できればCS、日本シリーズも乗りきって日本一取って貰いたい。が、この強さ、今日明日のものとは思えない。V4、V5に立ちはだかることができるのかタイガース…とあと4球団。
e0001663_20495350.jpg
天晴れちゅうの天晴れ、テニス4大大会、全米オープンを日本人として初めて大坂なおみ選手が制覇する。その決勝の相手、絶対女王セリーナ・ウィリアムスが劣勢にブチ切れて、審判に嘘つき、泥棒、などと暴言を吐き、あげくコートにラケットを叩きつけて破壊する所業…これがいつの間にか性差別、人種差別の話になっているとか。

早速風刺画では写真のようなイラスト…審判は大阪選手に「なんとか彼女に勝たせてあげられないか?」って言ってる。セリーナさんの特徴をよく表した秀作だと思うのだが…これも差別だ差別だと炎上中。肌が黒いこと、髪の毛が縮れていること、唇が分厚いこと…を描いたら差別ののかな?それは色白、ストレートヘア、おちょぼ口が美しい、と信じてる側からの逆差別なのでは。

大坂さんだってハイチの血を引いたハーフ。見た目は立派な黒人…だから二人の大坂?(^^;)ネットで見受ける「日本人の優勝!とは手放しで喜べない」なんてコメントは、それこそちっちゃな島国の差別根性。「日本はG7唯一の有色人種」なんて言ってお約束の顰蹙買ってる副総理はその代表かな。ついこの前までオバマさん、アメリカの大統領だったんですけど。

なんでも行儀がいいだけでは仕方ない。メジャーを23回も勝ってるセリーナさん、野獣ゆえの獰猛さと強靭なメンタルで勝ち続けてきた。今回のは…実に…ま、みっともなかったけど、彼女をアイドルとしてテニスを始めてここへ到達したなおみさんの勝利の涙は、決してそのことを責めてなかったよ。

試合はまさに完勝、これはしばらく大坂時代が続くと確信する内容だった。肌の色がどうしたんじゃ!ってとこ。


e0001663_22173746.jpg
テニス全米オープン準々決勝で、日本人の男女、錦織圭と大坂なおみが共に勝利。日本初の男女同時ベスト4の偉業を達成した。地震だ豪雨だ猛暑だ台風だまた地震だ、の天災国家日本を明るく元気付けてくれるのはいつもスポーツ…いま大谷くんのお陰でめげずに頑張れてるもんな。

なかなか番狂わせの起こりにくいテニス。コツコツ積み重ねてここまでの地位に昇ってきた錦織くんと、まさに登り竜、彗星のごとく現れたなおみさん…彼女は遂に決勝進出、セリーナ・ウィリアムスと戦うと先程のニュース。凄いなぁ…錦織君はジョコビッチか…壁は厚いが期待は高まる。

二人に共通するのは、やや切れやすいナイーブさとこれを前向きの力に変えられる天然さ。眩しいぞ、頑張れ!
e0001663_19372909.png
夏の甲子園準々決勝、金足農業vs近江。1点ビハインドの金足農が9回裏無死満塁からツーランスクイズを決め、奇跡の逆転サヨナラ。地元秋田の放送局では、狂喜乱舞を通り越し過呼吸で我を忘れたツィート。前日にも強豪横浜相手に8回に逆転勝ちしており、その際も呟いた「ああああああ…」が何倍にもなっておる。

現場でガチャガチャ打合せの最中で、リアルで見ることは叶わなかったが、これは後世に語り継がれる名試合だろうなぁ。録画のスクイズシーン見るだけで胸が詰まる。地方の公立農業高校、ってとこも判官贔屓そそってるね。大阪桐蔭なんかアメリカのAAかAAAみたいに強いもんな。次は日大三、か…もうひと頑張りだ、吉田くん!
e0001663_19373034.jpg

e0001663_11531695.jpg
夏の全国高校野球、今年は100年を迎えるメモリアル大会となるそうな。ここまで99勝をあげている京都代表の古豪、龍谷大平安高が見事一回戦を突破して100回大会100勝を達成する。写真は先日亡くなった平安高OB鉄人衣笠祥雄氏の高校時代のもの。

真夏の炎天下になぜ甲子園出やらにゃならん?大阪ドームでエアコン効かせてやれば安全やん、とかも囁かれてるが、高校球児にとって甲子園は特別な場所、ウィンブルドンとかオーガスタナショナルと同じ、余所を以て変えがたいのだ、との意見の方が強いみたいね。批難されたくない朝日新聞が世論誘導してるのかな?昔は死のロードと言われたこの季節の阪神タイガース、灼熱の甲子園離れられて、いま妙に好調だ。

Wikipediaで歴代の優勝校等調べてみると、ずいぶん前から観てるなぁ。微かに記憶に残ってる最初の決勝は1961年の41回大会、浪商尾崎と法政二高柴田の対決…60年近く見てるんだなぁ。この大会では歴代のレジェンド投手が始球式を務める、ってのも話題になってる。岡山東商の平松、池田の水野、東邦の坂本…みんな見てた。当時の情景と一緒に甦る。こんなファンがいるから大阪ドーム行けないんだよな。

100勝達成の平安高校、今は龍谷大平安。中京大中京とか愛工大名電とか大商大浪商とか…いつの頃からか付属高は親の大学名を冠するようになってる…なんでかな?東海大相模とか日大三高は昔から大学名付き…で、早稲田大学早稲田実業とは言わない…?ま、どうでもいいけど。

高校野球で活躍した投手はプロに入って故障がち…マー君もダルもメジャーで肘やってるし、江川も選手生命短かったな。甲子園行けなかった黒田や上原は40過ぎても丈夫で長持ち…なんて言われたりもしている。それでも行きたい、行って力一杯戦いたい、のが甲子園なんでしょう。暑さに負けず…暑さに気をつけて頑張っておくれ。

e0001663_21481015.jpg
連続猛暑五輪ネタ。Twitterで見つけた檄、のようなCM。その日を想像すると、少し変えてそのまんま使えそうな4・2・3の歌詞…最初から謝っておく、みゆきさん、ごめんなさい。

食べていくための仕事にひと休みして 私はTVをつけた
眠らぬ旅のあれこれを 生まれた街で癒そうと試みていた

明日にはこの街にも熱波がちらつくだろうと 季節はずれの天気予報が流れていた
明けきった5時半の空に目を細めて チャンネルを変えた

中継という文字 そして私の瞳に爆風が噴きつけて来た
長い間に見慣れてしまっていた白く平たい石造りの競技場から
朱色の炎と石くれが噴きあがる瞬間だった
ゆらゆらと熱のかげろうはあがり
やがて白い煙から土色の煙となって建物から噴き出していた

昨日までと今日は違うものなのだと
人はふいに思い知らされるのだね

蟻のように黒い人影が走り込む 身を潜める 這い進む 撃ち放つ
どうせTVの中のことだと考えることもできず 考えないわけにもいかず
ただ私は誰が何を伝えようとしているのか
それだけに耳を傾けた それだけに耳を傾けた

大きな救急車が扉を広く開けて待ち構え続けている
担架に乗り 肩にかつがれ 白い姿の人々が運び出される

日本人が救けられましたと 興奮したリポート
ディレクターの声もエンジニアの声もいり混じっている

観客が手を振っています元気そうです笑顔ですとリポートは続けられている
その時ひとかたまりの黒い姿の人々が担架を囲んでとび出して来る

リポーターは観客が手を振っていますとだけ嬉々として語り続ける
担架の上には黒く煤けた選手

腕は担架からぶら下がり 足首がグラグラと揺れる
選手の胸元に赤いしみが広がる
選手の肩に彼の国旗が ためらいがちに仲間によって載せられる
担架はそれきり全速力でいずこかへと運び出されてゆく

日本人が元気に手を振っていますとリポーターは興奮して伝え続ける
黒い蟻のようなあの1人の選手のことはひと言も触れない ひと言も触れない

日本人の観客たちを喜ばせるためのリポートは 切れることなく続く
しかしあの選手にも父も母も妻も子もあるのではなかったろうか
蟻のように真っ黒に煤けた彼にも 真っ黒に煤けた彼にも

あの国の人たちの正しさを ここにいる私は測り知れない
あの国の戦いの正しさを ここにいる私は測り知れない

しかし見知らぬ日本人の無事を喜ぶ心がある人たちが何故
救け出してくれた見知らぬ人には心を払うことがないのだろう

この国は危い
何度でも同じあやまちを繰り返すだろう 平和を望むと言いながらも
日本と名の付いていないものにならば いくらだって冷たくなれるのだろう

慌てた時に人は正体を顕わすね

あの国の中で大会は終わり
私の中ではこの国への怖れが 黒い炎を噴きあげはじめた

4.2.3.……  4.2.3.……
日本人の観客は全員が無事
4.2.3.……  4.2.3.……
4.2.3.……  4.2.3.……

気温42.3度の国立競技場、マラソンゴールのシーンを描いてみましたが、これはさすがにあかんでしょか?著作権協会様。