カテゴリ:Sports( 449 )

e0001663_17490570.jpg
セリーグ三年連続V逸、ってんで巨人の監督をクビになった可哀想なヨシノブさんの後を襲った原辰徳、またの名を「一億円のお◯こ」…反社会勢力の闇から甦ってきおった。来るなり見境のない補強工作。岩隈、中島のMLBお下がり、外人8人…に、FA活用して5人目(?)の捕手西武の炭谷銀ちゃん、二年連続MVPの広島丸まで大人買い。で、FAの人的補償として投打におけるチームの精神的支柱、内海、長野を持ってかれる。こいつは要らん、とプロテクトしてなかったのだから「持ってかれる」はないのだが、まさかだ、残念だ、断腸の思いだ、また帰ってきてくれだ…口腐るなり。

二人とも入団時に「ジャイアンツ、ジャイアンツ」とごねてた印象、頭から嫌ってた。昨年は事情により一度も球場に足を運べなかったが、一昨年、ドームで観戦した阪神戦、なぜかいつも内海に抑えられ長野に打たれて負けてた…M師匠に「疫病神」視されてた頃(-_-;)…こうなっての記事読むと、二人ともいい人だったんだってね。長野さんの「強い広島に選んでもらって選手冥利に尽きます」とは天晴れなコメント。その昔、阪神へ行った小林さん、中日へ行った西本さんのような活躍を祈ってやまない。かと言って、丸にこけろとも言いません。

しかしこの、人的補償なる用語、金銭補償との対照で使われてるのだろうが、なかなかビミョーな響きがありますな。「人」で始まる熟語を並べてみると、今般の内海、長野事件と重なるものが多いのが興味深い。

人身御供
人権蹂躙
人海戦術
人事不省
人面獣心
人間魚雷

魚雷は論外として、下から二番目に新監督の正体が顕れてますな。

e0001663_11020527.jpg
女子フィギュアの全日本選手権フリー、珍しくフル観戦。ショートで首位の5連覇を狙う宮原さん、グランプリファイナル優勝で世界を驚かせた新星紀平さん、と五輪代表だった坂本花織さん…いずれ劣らぬ大接戦は、最終滑走を完璧に滑った坂本さんの逆転ぶっちぎり優勝となる。

大柄で天真爛漫、喜怒哀楽が明快な坂本さん。ジャンプは高いし飛距離も出ていて、素人が見てもこの人が優勝だわい、と思わせる力あり。が、フリーだけで言うと、3アクセルばんばん飛んだ紀平さんが上…靴が合わずにショートでコケたのが響いたとかで2位…体操の村上さん的なゴムまり娘の弾力あり…まだ16歳で、すんなり行けばこの人の天下になるんだろうな。ロシアで14歳が4回転ばんばん飛んで、あのザキトワさんが5位に沈んだとか…おそロシア。

宮原さん…花がないとか、スタイル、容貌のこととか言われて気の毒な女王。全日本4連覇してるんだぞ。本日もたった一つのミス(一個回り損ねただけ)で3位へ転落。やはり高速回転低空飛行ジャンプは評価されないのだね。

4位の三原さんだってほんの僅かの差…今回はイマイチだったけど、樋口さんだって本田さんだって…真央ちゃんが引退したあと、まさに群雄割拠の戦国時代。漢滅亡から唐が統一するまで、ちゅうかモハメド・アリからタイソンの合間っちゅうか、ボルグとフェデラーの間っちゅうか…曹操やらホームズやらサンプラスがしのぎを削ってる面白い時代なんだな…なんのこっちゃ。

ともあれ、元気いっぱいの花織さん、おめでとうございます。

e0001663_04374649.jpeg
ちょっといい話をネットで見つける。18でプロ入りしたダルビッシュ投手。20歳になってメッタ打ちされて思ったことを呟いてた。

『このままじゃ俺ほんと、一軍半とか二軍の選手になっちゃう、と思って、何か変えなきゃいけないな、と思ってからですよ。
ほんでまー、今までの人生約20年だったんでそのときが、これ20年一瞬だったから、40歳までこれまた一瞬じゃん、と思って。
したら、これ僕の考え方ですけど、自分が40歳になって要するにクビになって何も仕事が無いって状態になろうと。頭の中で。
で、なって、そこに自分の前に神様が現れて、「一回だけチャンスをあげるから20歳の時に戻っていいよ」って言われたら、みんな戻って絶対努力するじゃないですか。』

入団直後のダルさんの所業、咥えタバコでパチンコしてるとこ撮られたりしてヤンチャ丸出しだったもんな。その後の彼の活躍は、20に戻してもらった感謝を込めて懸命に努力した結果のもの…黄昏流星群に似たような話あったな。

40→20だからこうなるのか…我が身に当てはめると、65→45。20年戻してやると言われて果たして心を入れ替えて更に努力するだろうか?…みゆきさんが人生のどの時間に戻りたいと思いますか、と問われて「まっぴら御免でございます。」とおっしゃったのと同じ気分。きっと同じところに戻る…か若しくはもっと悲惨な65を迎えておる。

では未来版。85歳になっていまわの時を迎えたワタクシ、この20年間ホントにやりたいことやれたのかなぁ…つまらない晩年だったなぁ、と神様に頼んで65歳に戻してもらったとして…仕事やめてホントにやりたいこと…なんだ?蕎麦打ち?(^^;おまけに誰が85まで生きられると言った?…とても神様にお願いできた義理ではない。

とりあえず今まで、ショボくとも無事で過ごせただけで感謝してますよ、神様。

e0001663_21054480.jpg
先週日曜、我が息子が川崎国際多摩川マラソンとやらに出て完走したらしい。ハーフマラソンで2時間14分02秒、543人中360位と言うのは凡庸な成績なのだろうが、親としてはびっくり仰天するしかない。幼い頃から陸上など全く無縁。運動会で賞もらったことなし、現在もタバコプカプカの不摂生…なんで走りきれたの?

ま、スポーツ音痴は遺伝であって、私などフランク・ショーターの頃からTVでマラソンは見るものの、走ろうと思ったことがない。ノリで出場したのだろうが、まずはあっぱれ完走、と言うしかない。只今はひどい筋肉痛だそうな。…で、今週フルマラソン走ると言うとる…君は川内君か!

なんかのきっかけで目覚めることってあるのかもしれないな。
e0001663_19342523.jpg
夕刻5時よりプロ野球ドラフト会議が開催される。毎年恒例の年中行事だが、以前と比べて運命の一日感は薄れてきている感じ。「巨人でなければ進学か浪人」なんて輩が見当たらなくなったからかな。みな、プロ志望か進学かメジャーか、で悩みはするものの、一旦プロと決めた後は「12球団どこでもOK」と爽やかに宣言してる。今年も指名確定後はみんなその球団の帽子かぶって決意表明してた。

高校生に焦点が当たった今年、甲子園を沸かせた大阪桐蔭の根尾君、藤原君。金足農業の吉田君、報徳の小園君…大谷効果かしらん?くじ引きには違いないのだが、なんかとても腑に落ちる結果となっていた。医者一家の優等生根尾君が故郷に近い中日へ。不敵な面構え、ドラゴンだなぁ。はずれ一位で吉田君を仕留めた日本ハム、おそらく日本一のドラフト上手。大谷、清宮に続いて育成し甲斐のある選手をGETしおった…ハンカチ王子の例は気になるけどね。広島の小園も3年先以降を見据えた戦略…ぶれないね。

一位指名だからと言って大成するとは限らない。イチローは4位だったし掛布なんか6位だった。何年かしてこの表の下位から素晴らしいのが現れるかもしれないと、全指名選手を載せてみたのだ。

e0001663_15480754.jpg
高橋は3位で辞めたのに、最下位のお前はなんで辞めん!とバッシングされてた阪神金本監督。三年契約の一年目で辞任…つか、たぶん解任。勝負の世界だから仕方ないのだろうが、三顧の礼を尽くして来ていただいた身としては何となく申し訳ない感じ。広島で叩き上げ超一流となってからFAで招いた方。アニキと慕われてたと思いきや、内輪揉めの伝統を誇るタイガースは居心地悪かったのかも。ヨシノブさんと違って少し肩の荷を下ろした表情に見える。

で、次は?…と、矢野さんになりそうだな。野村、森以来、捕手出身は名監督になるケースが目立つ。試合全体を見渡すポジションだからかな。しかしいつまで待っても掛布監督の声は上がらない…江夏監督も田淵監督もなかったし。矢野さん挟んできっと鳥谷さんがやるんだろうけど、まだまだ現役できるぞ。ヨシノブさんの二の舞は避けようぞ。
e0001663_21391406.jpg
今シーズンの3位が決まり、就任3年間で一度も優勝できなかった責任を取り退任が決定した高橋由伸巨人軍監督がバスで帰路につく…寂しい写真だ。慶応からプロ入団の際も決して本意ではなかったようだが、堂々の主軸を務めていた。晩年は、なぜだか解らぬ控え扱い…も、腐らず代打の切り札を務めていた。彼が代打で出てくると必ず打たれる予感がし、予感を当ててあげてた我がタイガース。

現役引退→監督就任もなんか強制的…慶応出身のスターだから既定路線…と野球見ない首脳部が考えたのか、高橋家が読売に巨額の債務でもあるのか…コーチ経験も二軍監督経験も全くなしで、前任がぼろぼろにしたチームのトップにポン。山口やら楊やらの場当たり補強はことごとく大外れ~。3年経って優勝できないからすぐクビ~…相変わらずじゃのぅ。

この3年、嫌巨な気持ちがなりを潜め愛虎の気持ちも萎え気味だった。ヨシノブさんのおかげだな。後任はまた裏社会から復活した1億円不倫もみ消し男…きっと熱を入れてタイガースを応援する年になると思う。

あの世界の王さんも、初回監督の時は挫折している。ヨシノブさん、11球団のどこかの指導者として必ず戻ってくるに違いないと信ずる次第なり。

e0001663_21393630.jpg
日曜夜、WBA世界バンタム級タイトルマッチ兼WBSSなる世界最強王者決定トーナメント一回戦で、チャンピオン井上尚弥の衝撃的KO劇を目撃する。元世界王者を相手に1R1分10秒で一発ノックアウト、このTV画面撮ってから10秒後だぞ…汗をかく暇もない瞬殺であった。

階級が細分化された上に団体が乱立し、同じ階級に何人もチャンピオンが居て誰が一番強いのか解らなくなってる今のボクシング界…WBSSはファンが永年待ち望んだイベントだね。海外で命名された「モンスター」のニックネームに偽りなし、おそらく日本史上最強の王者に違いない。

ついでに言うと、解説者が山中慎介と長谷川穂積…こちらも最強解説者だ。贅沢な瞬間、70秒しか味わえなかったのが残念なくらいなり。

e0001663_22211859.jpg
今年一年、忘れていた野球熱を大いに掻き立ててくれたエンゼルス大谷翔平選手の右肘靭帯再建手術、通称トミー・ジョン手術が、シーズン最終戦終了翌日に執刀され成功したとの報道。さすがアメリカ、球場から病院に直行したのかと思わせる早業。ビックリしたのは台風も知事選も差し置いてニュース速報で報じられたこと。単純に一スポーツ選手の動向にとどまらなくなってるね、大谷くん。

シーズン開幕の4月と閉幕の9月に月間MVP。途中の故障で普通の打者の半分以下の打席で22本のホームラン…エンゼルスタジアムのバックスクリーンの岩山、何度見たことか。バーランダーもクルーバーも攻略してる。故障前には100マイルの豪速球でノーノー寸前の快投。驚異の長打率とチャンスでの強さ。ボテボテの内野ゴロを安打にし、すぐ二盗を決める快速。お茶目な弟キャラと類い稀なる研究熱心。キュートな笑顔と抜群のプロポーション…こんなやつ、史上に居ったか?しかも少ない打席で100三振、ってのまで偉業に見える(^^;

人間には使っていない腱が4本あり、靭帯再建手術は4回までできるのだとか…不思議な器官だな。それにしても体にメスを入れるのはおじさんとても心配。ダルビッシュ、苦しんでるからなぁ。寝苦しい夜、一番ピッチャー大谷での試合、5打数5安打二本塁打とサイクルヒットに三盗塁、20三振を奪って完全試合する大谷くんを1球ごとに妄想する楽しみを作ってくれたもんね…子供みたいだけど。

シーズンが終わってしまい、MLB1球速報が見られない大谷ロスに陥りそう。手術の影響とリハビリ期間で来シーズンは投げられないらしい…4月にクリーンアップで復活するのを半年間楽しみに待ってるぞ。
e0001663_08114561.jpg
セントラルリーグペナントレース、ぶっちぎりの独走で広島カープが三連覇を果たした。未曾有の天災に見舞われた広島、大いに勇気付けられたことと思う。本籍地阪神、ただいまエンゼルスのアナハイムに仮住まいのワタクシ、眩しい思いで本拠地広島での胴上げビールかけを眺める。今年で引退を決めた新井さんの「二次会は黒田さんちでやります、300人くらい入れるらしいので」…なんてジョークが、新人からレジェンドまで一体となってる素晴らしいチームカラーを現してるね。

FAでは補強せずFAで出ていく選手も引き留めず、甲子園のスターもMLBの大物も取らない。新人はファームでじっくり育てて一軍に送り出し、ドミニカにカープアカデミーを設立して、無名の選手を見出だして戦力にしてる。球団としてカッコ良すぎるやん。藤浪取って福留、糸井を取って、監督まで金本取って…なんばしちょるとかいな?

できればCS、日本シリーズも乗りきって日本一取って貰いたい。が、この強さ、今日明日のものとは思えない。V4、V5に立ちはだかることができるのかタイガース…とあと4球団。