<   2018年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

e0001663_22054291.jpg
今夜は月が大きく見え、一月二度目の満月でしかも皆既月蝕で赤く見える…スーパーでブルーでブラッドなムーンの日、らしい。265年ぶりだそうな。雲の合間から見えればいいねの天気予報が覆り、北千住の上空に美しいお月様が無気味に浮かんでる。

ここぞとばかり、どこのSNSからも思い思いに撮ったお月様の写真がアップされて届く…皆さんロマンチスト。私も居合わせたマジカルファンタジーでの呑む手を休め、表に出て空を見る…おお、綺麗だ。で、撮ってみました。私のスマホにしては上出来な方だな…ちょっとズームしてカットしてみたら、輪郭がいがいがになり、タレを絡めて頂きたくなる肉団子の如し…腹減った。

君に贈ってあげたいから~肉団子、ほしい~~。
e0001663_08593615.jpg
1月もあと2日。日程が合わず延び延びになっていた銀座Sビル様との新年会、S様をご紹介頂いた西八丁堀「八眞茂登」にて今頃開催さる。ご縁は伝染する…というか前向きに進展して、3月に竣工を迎えるSビルと入れ替わるように八眞茂登様の解体、新築も始まることに。遡ること8年、2010年に完成したこの建物、住宅からのリニューアルを施工いただいたT工務店様の熟練の賜物で、直後の大震災を経てなお未だ新築同然、しばし思い出話に花を咲かせる。隣地の再開発事業のあおりとは言え壊すのがとても忍びない。今週末を以て一旦閉店、という事で見納め会も同時開催となる。

古い記事を辿ってみて、2010年当時の完成記念写真を見つける。T社長、大工のSさん、ともに鬼籍に入られ今回担当してくれるのは気鋭の若手Y社長。時代は流れ世代は移る…おかげさまで銀座の地にも足跡を残すことができます。次代も良き日々が続きますように。
e0001663_09350630.jpg

e0001663_18241918.jpg
京都にて。現場事務所1階、職人さんの食堂をブルーシートで仕切り仕上材=マテリアルプレゼンテーションの準備に勤しむYセンセとI君。どっちゃり届いたタイルやクロス、せっせと作ったプレゼンボードにパース…もう何度目かなぁ、小破、中破、全艦沈没を繰り返した末の勝負の一日…結構緊張して迎える。

5時間ほどを経て、何隻か引き返したものの艦隊無事渡河に成功する。いやほっとしたぁ。まだまだ長い戦い、みんなで頑張りましょう!


e0001663_15150817.jpg
昨日の夜中、全豪オープンの女子シングルス決勝、ルーマニアのハレプvsデンマークのウォズニアッキを珍しくフルで観戦する。序盤ウォズさんが飛ばしてたのをじわじわ粘ってハレさんが追い付くもタイブレークで1セットはウォズさん。その後も一進一退、激戦の末ウォズニアッキさん勝利となる。

見てる分には男子より興味深い。ベースラインからコースを打ち分けるよく似たタイプ。どちらかと言うと数回のターンを重ねながら理詰めでチャンスを狙いクロスで仕留めるハレさんと、一撃必殺のダウンザライン(←いつからこう言うようになったのかな?ストーレト、じゃん。)が持ち味のウォズさん。言い替えればビッグサーブやネットプレーに今一つ自信のない二人…なのかも。

しかしこの試合面白かったなぁ。ウィリアムズ姉妹の天下がそれこそ21世紀になってからずっとだったからなぁ。力が違いすぎて面白くなく、全然見てなかった。そう言えば二日ほど前のフェデラーさんの準決勝、30分ちょっとで第一セットが終わってしまい見るのをやめた…強すぎ、ロジャー。

ウィナーのウォズニアッキさん、二の腕や太腿見るに紛れもなくマッチョなアスリート。が、美しいお顔とプロポーションはモデル顔負け…マキロイくん、惜しいことしたねー。
e0001663_17102932.jpg政治家野中広務氏の訃報。92歳での大往生、だが、そんなにずっと不在であられた気がしない。ほんのつい最近まで一言居士としてテレビでお見かけしていた。記事を見ているうちに、「差別と権力」なる書物が出てくる…なんか読んだような気がして調べてみたら2006年に読んで感想書いておる。もう11年以上も前。

野中さん、まだ80歳を越えたばかりの時。私もとても強い印象を抱いてたみたい。京都の方に聞くと「ヤクザより怖い」らしいのだが、特にご縁もないので一ファンとしてラブレターみたいな記事を書いとる。毀誉褒貶はあれど、筋の通った信念の人生だったのは間違いないね…合掌。

と、新聞にはその追悼記事を汚す記事が…しかも大きく…しかも上段に。沖縄でのアメリカ軍のヘリコプター不時着をただす議会質問に「それで何人死んだんだ?」と野次を飛ばした奴が、間もなくある名護市長選への影響を気にした安倍に首を飛ばされたと…。位牌の上に犬糞が乗ってるが如し。

68歳だって…頭が悪いか性根が腐ってるかはともかく、どこで何を言っていいか悪いかの判断ができないのは議員として、ではなく人として現世から早めに退場したほうがいいな。よくは知らんが失言のデパートにして金まみれの真っ黒けでもあるらしい、顔も卑しさが滲み出ている。「発言が誤解を招いた…」って、「それで何人死んだんだ」で12文字、俳句より少ない…どうやって誤解できるのやら。これで言い訳したつもりなんだろか。

なんだか知らんが、野中先生申し訳ありません!と…なんで私が謝らにゃならん?

e0001663_14161434.jpg
連日の呑み喰いネタ。昨日はS保センセと神戸、大阪と会議を渡り歩き、阪急東通り商店街で終点。やれ疲れたわいと、居酒屋探索…昨日とは趣の異なる…似ても似つかぬ安居酒屋にIN。和歌山のぶちゃん、とな。きっと何か和歌山名物があるに違いない、と刺身盛り合わせと天ぷら盛り合わせとシーザーサラダ…普通だ。焼酎は「黒霧島」で日本酒は「豪快」…普通すぎる。和歌山を仕切ってるMMさんに聞いてみたがそんな店知らん、とな。でも安いから許す。
e0001663_14161714.jpg
インテリアも漁網の天井に畳敷き詰めてちゃぶ台置いただけ。商品に内装費を乗せないのが大阪人の心意気…私の居酒屋、心配(-_-;)
e0001663_12455720.jpg
T社様のお招きで築地へ。「空(ku)」なる割烹は古い民家を買い取ってリノベーションしたものとか。骨太の江戸前風和室で美味しい鴨鍋をいただく…鴨、だったと思う。絶妙な出汁加減でありました。
e0001663_10051565.jpg
お店の入口は高さ1.5mほど。住宅の玄関とは思えないので店舗に改修する際にこだわって付けたんだろうな。「これは茶室躙口(にじりぐち)を模してるんでしょうね。そもそも躙口とは…」と講釈を垂れる。「さすがですね、先生。」と誉めてもらう。

そんだけ喋っておいて、入店するときゴチンと頭をぶつけ、「さすがですね、先生。吉本の若手芸人みたいにボケてくれはって…」と誉めてもらう。笑い取るつもりはなかったのだよ。
e0001663_13004090.jpg
京都、大阪、神戸の三都巡りの日々、最も頻繁に通り抜け乗り換えてるのは間違いなく梅田駅。事務所の連れ同行の際に、元関西人として慣れ親しんだ風を装い先導して歩き、かなりの確率で迷ってしまうのこそがウメチカ…数多く訪れてくれてる外国人観光客に「ダンジョン」と恐れられてるそうな。

先日も乗り換えにぐるぐる迷ってもそ知らぬふりを続け「こんなに遠いんですか?」と訝しがられる。だって同じ場所に「地下鉄御堂筋線」への矢印が↑と→と二つあったりするんだもん…どちらへ行ってもいずれは着く、ってか?サイン計画にも大きな問題がある…まして況んや外人さんをや。

きっと大阪府や大阪市や国鉄や阪急や阪神やらが、早いもん勝ちで掘り易いとこ掘っていって、よその地下道に当たったらテキトーに曲げたり潜ったり跨いだりして出来上がったんだろな…没問題♪とか言って。面積だけなら東京の八重洲地下街の方が広いらしいが、こちらは碁盤の目のようで全く迷わないぞ。大阪の負け。

が、関西人の良いところはそんなものでもネタにしてしまうこと。梅田地下街が「ホワイトシティ・迷宮からの脱出」なんてイベントを企画してる。深夜に行われる宝探しダンジョン脱出ゲームみたいだね。過去にも「ホワイティ梅田 聖なる泉の迷宮編 天使の像を手に入れろ」なんてのもやってたみたい…ホワイティ、泉の広場ね…R社行くときよく迷ったなぁ。

負けじとドーチカ、アベチカ、なんばウォーク等でも迷宮ゲームやってるみたい…大阪の勝ち?(^^;

e0001663_20202082.jpg
某所居酒屋のインテリア工事。木曜日に向けてプレゼン作成ちう。この世で一番通っとるとこじゃろ、居酒屋ができんでどうする…と、S保センセに水を向けたのだが、なんやかやで手一杯、私に回ってきた。なに、私だってこの世で一番通ってるとこ。インテリアなんぞどこも覚えとらんが。

で、CGパース描く代わりにQちゃんにスケッチアップで動画作成依頼…最近手早くなってきたぞ。コストかけて作成したCGパースが沈没することの多い今日此の頃。なまじ色などつけずに3Dで動かした方が良いのではないか…お金かからないし。ちょっと手が滑って仕上げ暴走気味、久々だから仕方ない。できればこのまま建ってもらって、夏頃には一杯やろうぞ、S保センセ・



e0001663_21243149.jpg
立ちすくむあなたを呼びながらぁ~~(転調)

何度聴いても落涙必至のこのパート…わっかるかなぁ(^^)

予報通り午後から降り続く雪。予定されていた新年会は早々に中止の連絡、果たして帰宅できるや否やのネット情報。予報が的確だったためか、早めの帰宅を心掛けた方々であちこちの駅がとんでもない混雑に見舞われ、30分遅れ、1時間遅れの路線が続出しておる。折りも悪く北千住で停電…日比谷線アウト…で、7時頃京葉線から武蔵野線乗り継ぎのルートを選択して早帰りとする。

それが意外とすいすい、いつもより10分遅れで無事帰宅する。一年に何度かある首都圏降雪パニック、その度に北海道や東北、北陸の皆様に「情けない」と嘲われるお約束の年中行事だね。明日からはしばらく低温な日々が続くとか。

町は毎日冬、白い雪にかくれて泣いてる~
足跡も車も、そうよあんたもかくして降りしきる~

根雪、です。