<   2018年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

e0001663_23155642.jpg
JR京都駅新幹線の構内、柱と言う柱にこの内照式看板、「いっぱい笑われた俺たちだから、思えばそれって幸せだよな」…お茶の伊右衛門のCM。妙に哀愁をそそる。まだ父が存命の頃のご贔屓番組「8時だよ、全員集合」…元々はクレイジーキャッツの大ファンだった父が、彗星のごとく現れたドリフターズにも興味を示した。名人級のJazz演奏と、洗練されたギャグ、ウィットのクレイジーに比べ、まさにやんちゃな下ネタ満載悪ガキ軍団。哀愁とは無縁な存在だったよね。

この写真が「3人」なことが原因かな。早逝したいかりや長介氏を今も慕ってるよう。トップスターだったカトチャンの老いも著しく、そんな良い子の幸せコメント言ってほしくない…が、「ちょっとだけよ、うんこちんちーん」も40年からの昔。まだ3人で思い出話語れるだけいいのかも。ドリフのように一世を風靡したことなど全くないが、私も誰かと並んで幸せ語る日々が来るといいな。

e0001663_22180353.jpg
神戸六甲山、海を臨む絶景(→たぶん)の地に、我が敬愛するクライアントY社長が、ご自身5軒mとなるリゾートホテルを建設されることとなり、本日めでたく地鎮の語を迎え、私とS保センセもお誘いを受ける。たぶん…と言うのは、広大な敷地の大半がまだ原生林で未伐採。自然をなるべく残した上でホテルよりの眺望を図りたいとの社長の心によるもの。

ご自身も会社も、ちゃきちゃきの神戸っ子、これまでの4軒の経験を生かし、集大成ができると確信するところ。いや、集大成と言わず、まだまだこれから発展してゆかれることをお祈りする。

お出会いしてはや20年?…社長も今年還暦を迎えたとのことだが、まだまだ若くエネルギーの塊にお見受けする。今後ともよろしくお願いします。



e0001663_21102723.jpg
タイトル、なんっにも意味ありません。ちょっと錯乱ぎみかもしれません。

週末帰京する際に、バッグいっぱいの洗濯物担いでくのが馬鹿馬鹿しくなり、洗剤買ってアパートの一階にあるコインランドリーで深夜に洗濯する習慣となった。寝るだけ、布団以外なにも要らんつってたのが、テレビが来てギターが来て洗濯もするようになった。これで電気釜買ってきてご飯作り始めたらほんまもんの一人暮らし。そんなつもりはなかったんだよー。

しかし、洗濯150円、乾燥100円×2、で洗ってると意外と高くつくのだよ。コインランドリーで一財をなしたS社長、相変わらず儲かってまっかー?
e0001663_22253237.jpg
テレビつらつら眺めてると、著名なアスリートが出てきて「トーキョーにーまるにーまる」と唱えてるシーンが増えてきてる。たまたまアジア大会が開かれており、ムードを徐々に高めて行こうとの戦略だな。私がローマから見始めたオリンピック、大好きなんだけどな…なんでかな、今回イラつくな。

「復興五輪」とか言って、権謀術数を尽くして勝ち取った東京大会。その実、アスリートへのリスペクトが見えない商業イベントに成り下がって見えて仕方ない。国民全員がイラついてるように思えるのはへそ曲がりの私だけなのかな?その2週間だけのためのサマータイム…はボケてしまった森の妄言で済ませてよいが、今度は開会中は学校の授業も止めてボランティアに参加するように、との通達。ボランティア活動に単位を与えたり、内申書に反映させると脅したり…立派なパワハラでないか?「学徒動員」とのニックネーム、良くできている。

思えば現政権のやることなすことに全てこの発想が貫かれてる、のがイラつきの原因、だろうな。ボランティアとはその趣旨に賛同して自ら参じるもの…学徒動員には勤労奉仕も付き物ってか。最初交通費も宿泊費も自腹、語学、スポーツ医学他、専門的知識を有するものを…てなボランティア募集条件。あまりに空気を読めぬ上から目線が炎上して交通費1,000円だけは出すことにしたらしい。

ボランティアと言わず、きちんと日当も交通宿泊費も出しても80億かそこららしい。国立競技場の外壁をペンキにしたら賄えるんじゃい?んなことせずとも80億なんかどっかの大学の補助金レベルの小さなお金。要は滅私奉公の精神を国民に注入するテストかもしれないね。総すかんのソッポになりますように。

それより次の世代をIR=カジノ=賭博で立国して行こうとの日本、その世界の職人が今も健在ではないの。写真は少し…とても古い田宮二朗…東京博徒とは言い得て妙。2020に動員して上げよう。80億くらいすぐ稼いでくる…かな?
e0001663_11481196.jpg

e0001663_21375576.jpg
2年ほど前にK君が作って着ていたTシャツ…をふと思い出し、酔っぱらった勢いでネットで注文したTシャツ届く。当時のタイトル「い…着ていてもいいですか?」をそのまま書いてることに気づき修正…2年間、まったく成長なし!と言い切ってみてもいいですとも。

ネット画像だとジャケット真っ黒だったんだけどなぁ…なんかべったり張り付けたみたいで、K君の方がお洒落だ。宅急便で、受け取った家人「危ない人としか思われないから外で着ないで!」と。ただ、これ着てお邪魔したOnly Yesterdayでは、そこそこ受けたので良しとする。で、このセリフ、誰かに向けて問うてるのかな?

そう、その答えは~誰もが知ってるから、誰も問えない~

e0001663_12434152.jpg
一日だけの関東トンボ帰り。お久し振りのさいたま清河寺温泉にお邪魔する。陽気は戻り残暑…酷暑…40度あるんでないの?あまり暑すぎるとお客様の出足は芳しくなくなるとH社長。そりゃそうだ。地べたに寝るだけで岩盤浴。そよ風はロウリュウ、だもん。

ちょっと空いた時間に施設のレストラン「竹膳」にて昼食。もりそばに野菜天丼。こちらの十割そばはとても美味い…やや食い過ぎ。

e0001663_16170058.jpg
そろそろ夜会のファンクラブ先行抽選の頃かな?そわそわ…と、一般申込で時々お世話になるチケット予約サイトe+が衝撃の発表。botなるプログラムで30分に45万アクセス、一秒に250回…とても人間が太刀打ちできるはずもなく、チケットの9割が転売業者の手に渡っておるとか。10時から募集受付、準備万端10時01秒にアクセス試みても既にサイトはビジー状態で、解けたときには売り切れ…しばらくしたら転売サイトで一万円が十万円に…醜い!bot ugly!ボッタクリ…(^^;

認証システムをあれこれ工夫しても、AIによって次々と突破される…そりゃフィンテックなんかでは一秒に百万回以上の株取引してるとのこと…システムのいたちごっこは必ず犯罪者の勝利になるね。対抗手段は昔に帰って「往復はがき」で申込み受付する、とかこんな時こそマイナンバー活用するとか…。

それより出口を封鎖すること…定価以上で転売した者、購入した者に刑事罰加えるのが有効じゃないのかな。どうしても行きたい人が犠牲になる…つったって、犯罪犯してまで、ではないだろ?いや、我がみゆき族に、犯してまでのヘンタイの心当たりが…。

そう言ったネット監視の技術なら中国4000年の知恵に学ぶといい…ん?そもそもそっちの仕業なのかな?
e0001663_21251382.jpg
Twitterより。本日のスポーツ報知のテレビ欄。関西限定放送らしいが、8チャンネルカンテレ、9:50からのよーいどん!なる番組「国宝中島みゆきとも共演」とな。遅かれ早かれとは思っていたが、いつの間に人間国宝に指定されてたのだろう?それとも骨董品と言いたいのかな?

66年物のヴィンテージですが、骨董品ではなく普段使いの生活雑器です、と本人も仰ってます。

e0001663_23454690.jpg
気に入らないニュースをひとくくりに「フェイクニュース」と切り捨て、メディアを国民の敵と罵る大統領に対してアメリカ全土のメディア、新聞社、放送局400社もが一斉に抗議の声をあげる…そうだよな、そんな国のはずだったよなアメリカ。が、当のアメリカでは、メディアはフェイクニュースばかり流してると、何があってもトランプを支持するとの声が鉄板のように固いらしい。力が正義、富が正義、そんな国だったことも改めて認識しなきゃならないようだ。

ただひとりの狂人だか犯罪者だかがトップにいるだけで?…いや、最近トラの弁護士ルドルフ・ジュリアーニ氏が「Truth isn't Truth=真実は真実でない」との名言を吐いたとのニュース。元ニューヨーク市長で、NY在住の方から素晴らしい人柄と能力で尊敬をひとえに集めてる方と聞いていたので、ややショック。都合の悪い真実は「Alternate Fact」…もう一つの真実と煙に巻いてた時より進化しておる。権力者に都合の悪い真実は虚偽として闇に葬れ?

メディアひとつひとつ取っても、アメリカと比較して「なんと劣化したマスコミ…」と嘆いてばかりいた。政策は読売新聞を読め、と国会で答弁したタワケモノをトップに抱く悲哀を嘆いていた。日米の差が縮まった…?世の中は必ず最後は正しいバランスに戻る、と哲学的、希望的観測が力弱く語られてるが…生きているうちなのかなぁ?
昭和40年代生まれだけで集まってみゆきさんを歌おうの会、銀座にて開催さる。昭和40年代…アザミ嬢が昭和50年だから、ギリギリデビュー前生まれの集まりだね…と、始まってみれば昭和20年代、30年代、50年代、60年代…はおろか平成0年代から10年代までごった煮となっておった。ちなみに唯一の20年代とワタクシ。心優しきK幹事の緩さに深く感謝する。

毎回40名を数える恒例60年代オフに負けない26名の参加者。お久し振りの顔もお見受けし、一日こっきりの帰京の日をたっぷりとみゆきさんに浸る。手放しでは楽しめない諸々あれど、今日の日、今日のシーンをのちのちまで思い出すだろうね。で、二次会はつぼ八でお賑やかに。↓
e0001663_23092123.jpg