e0001663_22404265.jpg
明日の打合せに向け、東京から京都へ舞い戻る。手術のため来週入院予定の白秋の友Y氏を呼び出して一献傾ける…おそらく難なく乗り切るとは思うが、術後しばらくはそうは飲めないであろう、と壮行の意を込めて和食に舌鼓。

で、これまで帰ってたアパート、布団も枕も段ボール詰め完了、本年3月の頃に返ってホテル泊まり…当社I君、デザイナーYセンセご贔屓の九条アンテルーム京都が運良く空いてた。古い学生寮をコンバージョンしたデザイナーズホテル。蜷川実花氏を看板に、若いデザイナーさんたちが腕を競った客室と、アート感溢れる共用部。なるほどね。手間隙かかるが、納得の一泊を売る良い手を思い付いたものだ。
e0001663_17015180.jpg
なかなか居心地の良いバーで、ウィスキーロックを一杯だけ頂いてから寝む…500円。おー、私もお洒落なデザイナーになったような気がするじゃありませんか。
e0001663_17022093.jpg

e0001663_13104926.jpg
京都から乗り継ぎ乗り継いで東武動物公園駅へ。杉戸天然温泉雅楽の湯の露天風呂、新炭酸泉浴槽の完成検査に立ち合う。やや小振りだった改修前の浴槽を倍の大きさに拡張して新設、休憩処と入れ替える工事、営業を止めずに完成させ、本日の休館日に合わせて検査、引渡しを受けた。T建設様、お疲れ様。写真ではのんびり入浴してるだけに見えるが、検査中なのだよ。

昨今、どこもデカい炭酸泉が売りになってる。お店によっては天然温泉より人気とも…タイムリーな改修となってお客様に喜んでいただければ、と祈念するなり。

e0001663_13112684.jpg
So far away
Doesn't anybody stay in one place any more?
It would be so fine to see your face at my door
It doesn't help to know you're just time away…

キャロルキングの名盤「Tapestry」に収められた曲。時に儚く揺れる歌声。学生時代、擦りきれるほど聞いたなぁ…最近懐かしソングの話題が多いなぁ…。

と、何にも関係ないHUAWEIの話。日本人、FとHの発音苦手あるね。どちらもフはフ。中国製通信機器大手「華為」はこう読むらしい。次世代ITでは世界トップを走る中国の誇る国策企業。携帯電話でも世界二位だとか…中国軍出身の創業者の娘が、イラン経済制裁に違反した容疑でカナダ当局に身柄拘束されたと。当然、アメリカの要請によるものだが、同時に米国政府、その同盟国政府にファーウェイ使用を禁止するお達しを出している。

中国は当然のごとく猛反発、「重大な人権侵害」「公正な商取引」…と、これはどの口が言うとるんじゃと失笑必至だが、本人も疚しいところがあったと見えて、8つのパスポートと幾つかの偽名を操り、米国を避ける形で世界を駆け巡ってたらしい…完全に怪しいやん。少年ジェットのブラックデビル(←さんまとちゃう!)みたいだ。国際スパイね。

実は今回スマホの機種変更するにあたって、ちらっとファーウェイも手にとってみたのだよ。iPhoneからGALAXYからXperiaの最大公約数みたいなデザイン。性能はどこにもひけは取らない…と、ファーウェイを分解してみたら余計なものが出てきた…なんて記事も頭に残っておりパス。

ヤバいやつのガラ捕られた!と、報復にカナダの元大使を拘束してみたり、Appleの不買運動やらせてみたり、中国の狼狽も露わ…やったれ、もっとやったれー!の気持ちもあるが、利益を得るためには仁義も礼儀も関係なく喧嘩売ってるアメリカにも嫌悪感あるなぁ。中国とかイランに包丁突きつけて、テーブルの下でなんか貰ってるに違いないトラ公。北朝鮮相手だとなんにも貰えそうもないことに気が付いて、最近興味失ってる。

ともあれ、うっかり保釈される方が怖いんじゃないかな?証拠ごと命狙われることになるからな。大国同士の争い…なんか下品だ。

e0001663_19362123.jpg
今日一日、頭の中を流れていた歌。キャンディーズ最後のシングル「微笑がえし」。引っ越しソングとして唯一無二だ。宇崎・阿木コンビで、デビュー以来のヒット曲のさわりを詰め込んだ明るいお別れの曲。Youtubeで再確認、みな若い、スーちゃん、亡くなったんだったなぁ。みゆきさんで引っ越したいところだが…ない。あえて探せば、

さぁママ、街を出ようよ、激しい雨の夜だけど
支度は何もないから裸足でドアを開けるだけ
今度は西へ行こうか、それとも南~

…夜逃げだ(^^;

現場事務所より段ボール4箱、アパートより段ボール3箱と衣類バッグ二つ。宅急便に出すばかりに梱包してた一日。ギターとテレビは送るわけにいかんので手に提げて持って帰る予定。未練も感傷も全くない、が、なんか人生のメルクマールとなるような半年間だったな。

軽く手を振り私たち~お別れなんですね~。


e0001663_12271271.jpg
さてこの少年を知っている方はありや?…一世を風靡した「少年ジェット」、知ってる方は知っている、ただし全員65以上の高齢者…私、小学2、3年だったかな。

写真は「昭和パラダイス」で見つける…必殺技「ミラクルボイス」。「うーやーたー!」と叫ぶだけで地面が激動史、敵がひっくり返る。騒音値で言うと120デシベル?…飛行機のエンジンの直近がそのくらい。それでもひっくり返りはしないのでもうっとすごいのだな。教室の男子が競って「うーやーたー!」やってた微かな記憶。

だいたい少年なのに、オートバイに乗って拳銃ぶっ放してた…おおおらかな時代だ。その当時のこの手のもの、うろ覚えだが、

・まぼろし探偵:オートバイに乗った二丁拳銃の少年
・月光仮面:マントが邪魔で動きにくかろう
・七色仮面:パイナップル頭
・ナショナルキッド:松下電器の回し者ヒーロー
・豹の眼:これはマイナー、見た記憶なし。友達がはまってた。
・海底人8823:これもマイナー、「ハヤブサ」と読む。
・怪傑ハリマオ:アジアに留めた大東亜の夢
・忍者部隊月光:陸軍讃歌
・オオカミ少年ケン:アフリカ人への偏見があったような
・隠密剣士:月光仮面と同じ人。時代劇まだ身近だったな。

実体験としてはこれくらい。白馬童子や少年探偵団はさすがに知らない。鉄腕アトム、鉄人28号となると新しい感じ…の前期高齢者…ノスタルジア、ノスタルジア、思い出に帰ればいい~。


e0001663_10163210.jpg
日曜日。本年最初の忘年会に新宿「世情」へ駆け付ける。そう、あっという間に年の瀬ですな。実は開催を知らず、夜の部のオンリーイエスタデーへ行かむ、と知人を誘った際に知る。お誘いは受けてないが図々しく飛び入り。15人くらい居たけど、全員知り合い…この仲間たちが居たから今年一年、精神破綻せずに年末を迎えられたのだ。感謝。

店ごと借り切り、食べ物飲み物みな持ち込み。3、4時間。時に歌ったり時に弾いたり…主にだべったり。何するでもなくゆったり流れる心地よい時間。

そのまま都合のつくメンバーで新宿御苑へ。こちらもいつものお顔といつものお歌。私も一曲、いつもの沈没。僅かに残ってたキープボトルを飲み切ったところで早めに失礼する。まだ疲れは取り切れてないみたいだ。

まだ年末まで会う機会のある方も幾人かいるものの、一応年忘れ。皆さま、来年もよろしくお願いします。


e0001663_11560897.jpg
東京への新幹線乗車前に、ただいま大ヒット中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を鑑賞する。1980年前後を代表するスーパースター…私ゃなにやってたのかなぁ…いまいち親しみはなかった「Queen」、見た人が口を揃えて最高!と絶賛するわけをこの目で見てみよう、と。…サイコーでした!本年の洋画、私のナンバーワンに認定します。ちなみに去年は「美女と野獣」。ちなみに本年の邦画、私のナンバーワンは「万引き家族」でした。




ネタバレ
e0001663_15144363.jpg
わーたしのー引っ越し日に、27本のウィスキーを並べ、
一つ一つがみんな僕の人生だねって言って~
17本目からは、一緒に盃を交わしたのが、昨日のことのように~

…そんな人いません、完全独房の215日でした。

5月連休明けからスタートしたアパートでのブラック日課。面白いから捨てずに置いておいて行列させてみた。720mlの27本の大人と、売り切れてる時の中学生4人と小学生二人。子供達だけで大人二本分あるから、正味は29本…ほぼ週一本の規則正しい生活だったのだなぁ。少ないようだが、帰る前にLAWSONで焼酎一合飲んでるから軽い依存がきてるかも。

で、取っておいたのはいいが、これまとめてゴミ集積所に置いたら怒られるかなぁ。酒屋さん、引き取りに来ては…くれないだろなぁ。

e0001663_19065552.jpg
アパートでのDVD鑑賞もあと少しで終わり。7ヶ月でずいぶん見たが、二時間続けて見る時間がとれず、3、4日かけてぶつ切りで見たりしてた。そんな映画はなんか感想書こうと思ってるうちに筋を忘れ、しばらくすると題名まで忘れる破目に…やっぱり大事な作品は映画館で見なきゃね。

ワタクシこの二本、コヴェナント→プロメテウスの順で見てしまった。実際はプロメテウス→コヴェナントの順が正しく、同じリドリースコット監督による連作。スターウォーズエピソード1~3の構成に似せたのかな。プロメテウスなんかずいぶん前の作品なのに、エイリアンシリーズとは気付かず見逃していた。コヴェナントにALIENのタイトルが付いてたから気付いたようなもの。

そう言えば本編の方のエイリアンも、最初に封切りの2を見たんだった。素晴らしい作品に出会い、すぐ1を借りて見たら…きゃー!怖いー!グロいー!…と、1がスコットさんだったね。痛快な2はジェームズ・キャメロンさん。監督で変わるもんだ、映画。その後の3も4も欠かさず封切りで見てるが…みんな、ううむ…な作品で、ジョーズ化していった印象だった。


ネタバレ
e0001663_16465732.jpg
JR山手線、品川~田町間にできる新駅の名称、公募した中から「高輪ゲートウェイ」に決定したとのニュース。上のグラフが示す通り、大変不評の様子…6万通の応募のうち「高輪」「芝浦」「芝浜」がベスト3だったが、36通の応募で130位だったキラキラネーム「高輪ゲートウェイ」になる…最初から決まってたんだろうね。36通は全員関係者の投票?…普通こんなの思いつかんもんな。私…当然「芝浜」乗りでした。

「越谷レイクタウン」と似たような響き、東武スカイツリーライン、とか東武アーバンパークライン、も同じキラキラ族だね。東京を代表する山手線、ってんで格式ある駅名を望んでた方が多い、ってことだな。ま、民間会社JRが勝手に決めたんだからいいんじゃないのかな。名前なんて付けてしまえば定着するよ。…ま、E電と同じ運命辿らなきゃいいけど。

で、唐突ですが、明日「SPA&HOTEL水春松井山手」がグランドオープンを迎える。ほぼ3年にわたるこのプロジェクトのゴールだ。(←一応^^;)…三年間の最初の提案でYセンセが示したコンセプトが「Urban Gateway」だったことを感傷を以て思い出す。先見の明ありましたね、Yセンセ。と言うか、キラキラ、お好きなんですね^^↓
e0001663_12190996.jpg
ついでに思い出すのが、スティーブ・マックイーンの映画「ゲッタウェイ」…一体何年前かな。マックイーンとしては晩年の作品だったと記憶しているが、年取ってもかっこいいなぁ、と思ってた。で、「高輪ゲッタウェイ」…高輪からどこへ逃げるのかな?
e0001663_16471481.jpg

e0001663_22125640.jpg
武豊騎手、斜行による騎乗停止処分により、ルメール騎手に変更…ではない、あーつまらん。

恥ずかしいので詳しい事情は記さないが、ブッシュがどうしたなんて書いてたすぐそのあと、スマホを電車の中に忘れてしまう。すぐ気が付いて、落とし物センター、駅、駅ビル、警察に届けを出したのだが、半日経って連絡がない…というより、電話が無いので連絡も受け取れない。電話くれそうな人にI君の電話で「事情で只今電話が繋がりません、I君の電話に連絡ください」と…これも恥ずかしいからの言い訳だな。

それから半日、I君のそばを離れられず、被介護の心境に…。今、財布がなくても運転免許がなくても、直ちに困ることはないが、携帯を持たずに社会生活を営むことはできなくなってるのだね。

一日が経ち、諦めてドコモショップへ。機種変更してとりあえず連絡が付く身にしてもらう。前回ギャラクシーからエクスペリアに乗り換えてほぼ3年…バッテリーもくたばってきており、替え時かなとは思っていたが、強制機種変になるとは…トホホ。

替えたのは、なるべく操作が同じに近いであろうエクスペリアの最新機種XZ3…カメラがずいぶん綺麗になってるらしい。で、カメラでカメラは取れないので浴室洗面器の前で自撮り…自撮りレンズはそれほど高性能ではなさそうだし、だいたい風呂場、湯気で曇ってる。これがXZ3のデビューとは…トホホ。

幼い頃よりなんでもよく無くして、その都度出てくる幸運を過信しておりました。しかも初期のアルツハイマーではないかとの自覚も持ち始めた今日この頃…もう絶対なくしません!ここに誓う!

e0001663_22063133.jpg
大統領だったはずだが、なんとなくレーガンの副大統領、と大統領の親父のイメージ…湾岸戦争の時の人だな…の、ジョージ・ブッシュ氏の訃報が伝わる。94歳、大往生だね。現職としての2期目の選挙でビル・クリントン氏に敗れてるから余計に印象薄いのかな。ただ、敗戦後にクリントンを励ましリスペクトを以てエールを送ってたとの記事に、人格者だったのだな、と。

息子ブッシュは同時多発テロからイラク戦争の激動期に2期務め、当時はなんてアホがアメリカの大統領やっとるんじゃ!と思ってた。私だけではなく、そっくりさんの映画やマイケル・ムーアさんの映画でもさんざんおちょくられてた。それが…だ。その息子ブッシュが良い人に見える今日この頃。攻撃的で無知で下劣で人格破綻、この世で最も唾棄すべき大統領の登場によるものですな。

で、わが身を振り返ると、憲法改竄という祖父の代からの夢を実現させるためとは言え、武器買ったり移民法成立させたり水道売り渡したりの媚トラ政策ばかり打ち出してるアベ氏は、息子ブッシュに似ているのかもね。頭の悪い良家のぼんぼん、ってところも。

反動なのか、息子ブッシュのあとにまともなリベラル、オバマ氏が就任…これに物足りなさを覚えたか血迷った層が最凶の選択をしてしまう…そのまんまこれを我が国に当てはめると、アベの次はまともなリベラル…居るかな?…えだのん?…いやいや…はともかく、その次の最凶の選択は候補ゴロゴロ。知性ゼロ、政治経験無しの品性下劣…不動産王っての時代遅れ、とすると、金融界からかITからか人買いか…背筋が寒くなりますな。

e0001663_20261787.jpg
3日間続いたプレオープン待機。オープン前数日の嵐のような日々が明け、特に居なくても良いのだが、特におうちに帰ってこなくても良いとの家人の言葉と、帰るほどの用事がないのと、現場以外に行くところがないので、いつも通り現場に出勤。早めに上がって洛中を目指す。

前から一度行ってみたかった木屋町のBar「きさらぎ」…東の世情と並び称される中島みゆき専門店…京都の学友を騙して連れていこうとしたのだが、ネットで検索してばれてしまい「我田引友」と言われる…んでもってひとり探訪。

たしかネットで18:00~とあったと思ったのだが、行ってみると19:00から。開店前だったので隣の立ち呑みおでん屋で時間を潰す。隣に立っていたおじさん、きさらぎの常連だと言うことで意気投合。19:00に一緒に入店する。移転する前の世情の半分くらいのコンパクトなお店、ママさんもとてもソフトで居心地は最高だ。開店直後からおじさんたち続々来店…と言っても3人…おじさんと言うよりも…。

世情ほどみゆきさんに特化していない感じ。おじさんずもみゆきさんの合間にNSPやオフコースなんぞ混ぜてリクエストしとる…世情ではあり得んな。ほうせんか、ホームにて、と定番を頼まれておられるので、試しに「流星」を掛けてもらうと、「この曲、いいですねぇ」と…お初だったらしい。ついウンチク語ってしまうあかん私。

なんかパンチが足らんぞ、暗さがイマイチだぞ、と最後「十二月」を流してもらってお店をあとにしました。東からめんどくさい客が来よった~と、言われてたかも知れんな。でも居心地良かったからまた行きます、きっと。
e0001663_20261730.jpg

e0001663_19133139.jpg
ホテルのロビーで見かけた絵本。「銭湯」に目が行くのは職業病。なぜマル秘なのかな?…と、目の付け所が面白かったので撮ってきてしまった。著作権侵害(>_<)

真っ白な熊が黒い半セーターと靴下を履いてパンダになってる設定。これを脱ぎ捨て、次のページでサングラスを外す親子パンダ。メルヘンだ。…これくらいの本が今の私に適した読書なのです。
e0001663_19133241.jpg

2018年11月30日、SPA&HOTEL水春松井山手、午前中の竣工式神事に引き続き、14:00よりプレオープン、遂に開いたのだ。続々集まってくるお客様の姿に2年9か月の日々の脱力感が襲い来る…ついに開いたのだなぁ。と、12/7のグランドオープンまでは気を抜けない日々が続くのだが、とにかく開いたのだ。

夕刻まで待機したあと大阪へ。突発的に持ち上がったみゆき仲間の忘年会に顔を出す。大坂京橋の町、乗り換えばかりであまりよく知らない町。駅前の「グランシャトービル」…なんとも昭和なテイスト。東京で言えば目黒エンペラーってとこ?ディープそうだ。
e0001663_15353215.jpg
おなじみの顔とカラオケ…最もきつい場所から最も緩い場所への移動で、少し抜け殻。顔隠しても仕草で誰だかすぐわかる某氏↓の「地上の星」に聞き入る。何とも昭和な緑ゼブラの壁紙の前で「草原のペガサスみたいやー」と喜ぶ某氏に「その辺のペガサスやん」とツッコミ。空気の緩さに身体も弛緩し酩酊…みんなどこへ行った~見守られることもなく~
e0001663_15353298.jpg